定年前セカンドライフの時代

a0002_002320

最近の法改正によって、企業は定年を65歳にするか、または65歳まで再雇用する仕組みを作るか、いずれかをしなくてはいけない。

一方、役職定年制度というものがある。これは定年前にある程度の年齢になったら、役職を降りてもらって、後進にポストを譲ると同時に、責任の少ない、「緩い」仕事に移ってもらうという制度だ。仕事柄ちょっと前に調べたところ、約4割の企業でこの制度がある。

だいたい役職定年の年齢というのは、58歳とか55歳が一般的だと思うのだが、これをさらに引き下げる動きがあるらしい。

巷では、役職定年の低年齢化が騒がれている。少し前までは、定年60歳に対して、役職定年は58歳というのが相場だった。ところが最近では55歳という数字がよく出てくるようになった。“Keep Young”を自任する会社では53歳という例もあった。ところが来年から、某大手家電メーカーでは役職定年をついに50歳に下げるという。つまり、今までずば抜けて若かった「役職定年53歳」という数字が、世の中の平均値になろうとしているのだ。一方で、定年は高齢化する傾向がある。本人が働きたければ、65歳まで雇わなくてはいけない。
あなたは50代フリーライダー社員ではないか 簡単に見極められる2つのポイント|定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔|ダイヤモンド・オンライン

役職定年を引き下げる目的は、一つは、バブル入社組のポスト不足。もう一つは、定年の延長や高齢者再雇用でかさむ人件費対策だろう。

しかし、このコラムでも言っているように、役職定年が50歳になったとしたら、65歳までの15年間、平社員で過ごすことになる。これはいささか、長い。

役職定年55歳で、定年が60歳の時であれば、もう先が見える時期になったところで、後進に椅子を譲り、ゆっくりと引き継ぎをしながら徐々にスローダウンして退職という、ちょうど良い期間だったのではないかと思うのだが、ポストを降りてからの15年間というのは、これをキャリアとしてどう考えていけばいいのか、発想の転換が必要だろう。

自分の部下だった人が上司になる。その上司とも上手くやっていかないといけないし、もはや上に行くことはない境遇で、長い間、自分のモチベーションを保てるやりがいを見つけないといけない。会社での新しい生き方を模索する必要があるだろう。

このコラムでは「フリーライダー」なんて、ちょっとカッコいい言い方をしているけれど、この15年間は、「定年前セカンドライフ」とでも思って、スローな働き方を考えてみても良いのではないだろうか。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告