あなたが会社を辞めたい理由が間違っていないか判断する方法

Concept of career and freedom of nature with a bright open gate

会社を辞めたい、仕事を変えたい。

そう思ったとき、

「もしかしたら、自分の考えは甘えなんじゃないだろうか」

「もしかしたら、自分は我慢が足りないんじゃないだろうか」

と思うことがあると思います。

そういう場合の判断軸を一つ、提案してみましょう。

あなたが今求めていることは、

広告
レクタングル(大)広告

何かをしてもらいたいと思っているか、それとも何かをしたいと思っているか

です。

例えば、給料が安いというのは、「してもらいたい」欲求です。上司が自分を理解してくれない。というのも、「理解してもらえない」ことへの不満ですから、これも、「してもらいたい」欲求です。

つまり、自分の幸せを他者に求めている欲求です。

一方、より自分の能力が活かせる仕事がしたい、もっと世の中の役に立つ仕事がしたい、独立して自分の力を試したい。というようなこと。

それは、自分が何かを「したい」という欲求です。

つまり、自分の幸せは自分で作る欲求です。

いうまでもなく、前者より後者が良いです。

その理由は、自分が何かを「したい」ということは、あなたが成長できるからです。

他者に何かを求めても、他者はあなたを幸せにする責任も義務もありません

あなたが自分で自分を成長させることができれば、あなたは自分で自分の可能性をいくらでも伸ばし、自分の幸せをどんどん創りだしていくことができます。

だから、「何かをしたいと思っているか」が大事であり、もし今、会社を辞めたり、仕事を変えたいと思っているなら、それが理由であるならば、あなたは躊躇する必要はありません。

良く世間の訳知り顔さんは、何かに挑戦しようとする人に対して、

「甘ったれたことを言ってるんじゃない」とか、「世の中はそんなに甘くない」

と言うでしょう。

でも、私は、「何かをしてもらえない」ことに我慢して何もしないでいることこそ、本当の甘えだと思います。

「何かをしたいと思っている」ことが理由であるならば、我慢する必要もありませんし、それを理由で辞めることは、決して甘えではありません。

どうか自信をもって、進んでください。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする