年代別の働くモチベーション調査結果が興味深い

興味深いアンケート結果が載っていた。

f:id:gcg00172:20131110190639j:plain
公務員は社会貢献、経営者は「好き」 – 働くモチベーションになるものって? | マイナビニュース

「働くモチベーション」として、年代に関係なく「給料がもらえる」が1位というのは当然として、面白いのは2位が年代によって見事に分かれていることだ。

20代は、「成長を実感する」
30代は、「仕事が面白い」
40代は、「能力を活かせる」
50代は、「好きな仕事ができる」

そして、私自身の今までを振り返ってみても、それぞれの年代で同じように考えていた気がする。

20代の頃は技術者としての勉強の時期だったから、何でもやってみて、それが自分の成長に繋がる実感が確かにあった。「だんだん出来るようになっていく」それが楽しかった。

30代の頃は心身ともに一番充実していた。一番忙しい時期だったけれど、「この分野なら社内で誰にも負けない」という自信が出てきていたし、仕事の醍醐味、面白さも極めた時期だったと思う。

40代は半ばに転機が来た。技術者から、総務・人事という全く違う世界への転身。でも半分は望んで移った新しい職種だった。もちろん、知らないことだらけではあったが、興味のない世界ではなかった。

そして今、50代。私はちょっと前にブログにこんな記事を書いた。

自分がやりたいことだけをやる。
残りの人生は決して多くない。
今までのように、やりたくないことをやって時間を費やしていては、残りの人生の時間がもったいない。

私が会社人生の中で感じてきたことは、多くの人にとっても共通しているのだな。

多数決で私の人生を決めるわけではないけれど、だからきっと正しいのだろうなと思った。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告