適職診断テストはこうやって作りました。

Fotolia_79533511_XS

ココナラで提供させて頂いている「適職診断テスト」は、私の手作りのオリジナルなものです。

「手作り」というと、適当でインチキなんじゃないか?と思われる方もいるかも知れないので、どうやって作ったのかをご説明させて頂きたいと思います。

どんな理論を元にしているのですか?

まず、このテストの裏付けとなる理論ですが、キャリア理論で有名な職業心理学者ホランド(J.L.Holland)の職業選択理論が元になっています。

ホランドは、働く人のパーソナリティ(性格)の特徴を次の6つの「典型的なパターン」に分類しました。

現実的 (Realistic)
研究的 (Investigative)
芸術的 (Artistic)
社会的 (Social)
企業的 (Enterprising)
慣習的 (Conventional)

これらの「典型的なパターン」の内容については、例えば下記のような説明がなされています。

現実的(Realistic)
「ひと」や「アイディア」よりも、「もの」を扱うことを好み、過去や未来よりも現在に興味を持っています。具体的なものに価値をおき、現実的なお金、パワー地位などを求める傾向があります。しかし、知的なものを軽視する傾向があります。また実用的で使いやすいものを生み出すことに興味を持ち、得意としています。道具や器具、機械を使う仕事が中心になります。

まず私は、こうした説明を多く収集しました。そしてそれを箇条書きにして分類、整理し、それぞれのパターンについての特徴を書き出しました。

次に、「私は次のことができる仕事がしたいです。」ということで選んでもらう質問文を、各パターンについて4個ずつ、合計24個作りました。そして、それをランダムに並べました。

回答者は24個の質問に「はい」か「いいえ」で答えていくことで、自分の興味や好みを入力することになります。

回答は、別途作ってある集計シートに入力することで、上記の6パターンのどれに多く点数が入っているかが分かるようになると同時に、この得点のパターンがグラフで出力されるようにしました。

このグラフは「コード・プロフィール」と言い、ひと目でその人がどんな分野に興味を持っているかが分かるのです。

ちなみに私のコード・プロフィールはこんな感じでした。

nishikawatest

回答者の方には、このコード・プロフィールの画像に説明を加えてお送りしています。

実は、この適職診断テストの作り方は、私がCDA(キャリアカウンセラー)の資格を取るときに勉強したテキストに書かれていたものを、WEBで実施するように作ってみたものです。

専門用語では、「インフォーマル・アセスメント」と言われるものの一種となります。

このテストで本当に適職がわかるのですか?

このテストでやっていることは、回答者が思っていることを分類して表現してあげるということなので、言ってみれば、自己分析のやり方の一つに過ぎません。

ですから、出てきた結果に対して、「自分が思っていたとおりだ」となることは多いです。それはある意味当然です。

でも、日頃特に意識していなかったことを、こうして目に見える形で表してみることで、改めて再認識できるということも多いものです。その意味で、決して無意味なものではありません。

ただ、このテストは非常に簡易なものであり、自己分析の一つですので、占いか何かのように「あなたに適した職業はズバリこれです!」という結果が出てくるものではありません。

過剰な期待をしないようにお願いします。

そのようなことを踏まえ、あくまでも自己分析のお手伝いとして参考にしていただければ。ということで提供させていただいています。

よろしければ受けてみてくださいね!

【適職診断】キャリア理論に基づいた適職診断テストであなたにピッタリの仕事を探してアドバイスします!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告