辞めることが「逃げ」なのだろうか。辞めないことが「逃げ」なのだろうか。

18f4f494cbeb01fcdb31826b6b7e424d_s

ブラック企業に入社してしまい、その会社がブラックだと分かった上でも、会社を辞められない若者が増えています。日本の社会は継続こそが美徳とされており、我慢できないから逃げ出したと捉える方も少なくありません。
社員を奴隷化するブラック企業の手口とは?「上から抑圧し、洗脳」 – ライブドアニュース

私は、ひとつの会社で定年まで勤め上げようとしている。なんと37年間、辞めずにやってきたことになる。

その数字だけを見れば、長かったという事実だけを見れば、それは確かに我ながらすごいなとは思う。

でも決して、「継続こそが美徳」だと思ったから、続けようと思って頑張って働いてきたわけではない。

たまたま、ブラックではないそこそこの企業で働くことが出来たという幸運もあるだろう。そこそこ、面白い仕事をさせてもらえていたということもあるだろう。

でも、ここまで続いたのは、決して楽しかったからとかでもなく、かと言って嫌だったけどなんとか頑張りぬいた、ということもでもなく、言ってみれば「惰性」だったというのが近い気がしている。

これまでの間に、辞めていった同期はかなりの数がいる。

では、途中で辞めていったヤツは、我慢できずに逃げたヤツなのだろうか?

一時はそのように思っていたこともある。他の会社に行っても嫌なことはあるのだから、少々のことに我慢できないヤツが、青い鳥を求めて会社を移っても、決して幸せにはなれないはず。と。

確かに転職にはそういう面もある。

でも今は、決してそれだけではないと思うようになった。

もしかしたら、ひとつの会社に勤め続けていたとしても、それが「惰性」に過ぎないのだったら、実は、逃げていたのは、自分の方だったのではないか。

何から逃げていたのか? それは、「変化」からだ。

自ら、可能性を開くために、「変化」を求めてみること。

自らを成長させるために「変化」を求めて「行動」すること。

それによる転職であれば、これは、決して「逃げ」ではない。

さて、逃げていたのが、実は自分の方だったと分かったとしても、今更自分の過去をどうすることが出来るものでもない。

そして、これまでの長い年月も、私にとっては、その先の人生を決意するために必要な、私なりの「必然」であったのだ。

そのことも、今の私には同時に、分かっている。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告