「正規雇用」と「非正規雇用」という言葉の意味について調べてみた

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_s

最近、どうも気になっている言葉の一つである。

非正規雇用というと、なんか、正しく雇用されていないみたいなイメージがしないだろうか。
一歩間違えば、違法であるかのような。

そういうイメージが先行するから、誰もが「非正規雇用は減らして正規雇用を増やすべき」というイメージでものを言いがちなのではないだろうか。

でも実際は、労働法の中には「正規社員」とか「非正規社員」などという言葉はないし、非正規な雇用が法的に問題であるということは全くない。

では、いつから何故、こんな言い方になったのだろうか? きっとまたマスコミが作った言葉に過ぎないんじゃないか?

と思ったら、厚労省でさえ、この言葉を使っていた。

「非正規雇用」の現状と課題 |厚生労働省

では、と翻って、この「正規」という言葉の意味まで遡ってみることにした。

せい‐き【正規】
正式の規則。また、それに基づいていること。「―の資格」
せいき【正規】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

ふむ。ということはやっぱり「非正規雇用」は正式な規則に基づいていない社員ということになるのか? いや決してそんなことはない。短時間労働も派遣も、正式に法的な手続きに基づく雇用だ。

では、「正規」という言葉に、他の意味もあるのだろうか? と思ったら、こんなのがあった。

せいきひょうげん【正規表現】
コンピューターで文字列の検索や置換を行う時に用いられる表記法。通常の文字のほかに、メタキャラクターという特殊の意味をもつ記号を組み合わせることにより、特定の文字列のパターンを検索・抽出・置換することができる。
せいき【正規】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

せいきぶんぷ【正規分布】
数学で、統計資料をいくつかの階級に分けたとき、その平均値の度数を中心に、正負の値の度数が同程度に広がる分布。グラフは正規曲線となる。ガウス分布。
せいき【正規】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

これらを見ると、「正規」という言葉自体は、必ずしも「正しい」とか「正式な」という意味のみで使われるものではないと分かる。

では、冒頭の「正規雇用」や「非正規雇用」の「正規」はいったいどういう意味で誰が言い出したのだろうか?

私の意見としては、やっぱりイメージ的に誤解を招くので、「正規雇用」は「無期雇用」、「非正規雇用」は「有期雇用」とか「短時間勤務」とかの言い方に改めた方が良いのではないかと思うのだが、どうなのであろうか。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告