8月1日の選考解禁日以後の速報から分析できること

7f0bd31a48399563748c5ebf6d765411_s

新卒採用本番までに内定率約6割 民間調査、外資など先行  :日本経済新聞

という今日のニュースによればですね。

2016年春卒業予定の学生の就職内定率は、8月1日時点で前月比14.8ポイント増の64.4%(速報値)だった。一方、マイナビ(東京・千代田)が同日発表した7月末時点の内定率は前月比12.8ポイント増の57.0%。

ということは、8月1日のわずか1日だけで差し引き7.4ポイントもの内定があったということです。

また、

内定率は前年の同じ時期と比べると13.8ポイント低かったが、15年春卒の学生で選考が開始された4月1日時点と比べると45.9ポイント高い。

ということは、「建前上の選考開始時期」で比べると今年は前年より45.9ポイントも多く内定が出されている。

つまり、「建前上の選考開始時期の後ろ倒し」に関係なく、早めに多くの企業が多くの人に内定を出していたということであり、一方、前年の同時期と比べると13.8ポイント低いということは、その分は今年の「建前上の選考開始時期の後ろ倒し」による影響がその程度あったということです。

以上、この最新のデータからわかることをまとめると、

  • 選考の解禁日1日だけで出た内定が7.4%も! → つまり大手企業も選考はその前から水面下でやっていたのよ。ということ。
  • 多くの企業が指針に従わないで、解禁日前に内定を出していた。ということ。
  • 一方、指針に従って内定出しを遅らせている企業もある程度ある。ということ。

です。

この結果から、今後の動向を予測するとするならば、これからまだ多くの大手企業から内定出しがしばらく続くだろうということ。(前年同時期と比べると13.8ポイント低いという分が埋まってくる)

その結果、従来出されていた内定を持っている学生が、複数の内定を獲得する率が多くなり、内定辞退のラッシュがこれから始まる。ということです。

とはいうものの、別に驚くことではなく、最初から予想できていた動きの通りであるということは言えます。

それが、8月1日を過ぎて数字で出てきたということです。

多くの企業では、これからまだ内定辞退による不足分の対応で、採用活動を続けざるを得ないでしょうし、学生の皆さんにとっては、まだ内定がない人にとっては、これからも十分選考のチャンスがあるということです。

今まで、疑心暗鬼、右往左往の状況だったかもしれませんが、夏休み明けくらいには大企業の動きも一段落し、第一志望の企業に落とされたという人は多く出てくるかもしれませんが、まだまだ他の企業に目を向ければ、チャンスはいくらでもあるという状況が続きます。

第一志望の企業への夢はかなわなかったかもしれませんが、どうか望みを捨てずに、後半戦にチャレンジしてほしいと思います。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告