「面接で一度も落ちたことがない達人」の言うことは正しかった

Fotolia_74571179_XS

という記事を読みましたが、書いている人の胡散臭さ(失礼!)と裏腹に、書いている内容は、長年新卒採用の面接官をやってきた私も、実に同意できました。これ、その通りです。

その通りと思いましたので、ここに書かれていた「極意」について、敬意をこめて私の賛同コメントをさせていただきたいと思います。

極意その1:「ハキハキ元気よく」

その対極で「暗くてボソボソ」とどちらを好印象に思うかは、古今東西、老若男女、誰にとっても答えは一緒ではないでしょうか。

当たり前のことじゃないか。と思うかもしれないですが、そうです。当たり前のことなんです。人が人を見てどう思うかということは、とてもシンプルなことなんですよ。

極意その2:「笑みを絶やさない」

「ムスッとしているよりは、笑顔の方が印象はいい。」 これもそのまんまですね。

ただ、私は昭和30年代の生まれですが、それより前の人、つまり現時点ではかなりのおじいさんになっている年代の方になりますと、「ニコニコしている」というのを「ニヤけている」というように取る人もいるようです。(もちろんそれは男子に対してだけですが。)

まあ、そこまでのお年寄りはまず、これからは面接官で出てくることはないでしょうし、何より、笑顔は古今東西、好感を得る最大の方法であることには変わりありません。

私も古い人間なので、じつは笑顔を作ることが苦手です。鏡を見て笑顔の練習。これはこれから先、きっと役に立つと思います。

極意その3:「基本は即レス」

何を言い出すか予測がつかない会話において、即座に答えることができるためには、相手の言うことを良く聞いていることが必要です。

咄嗟に答えが思い浮かばないときでも、まず第一声は発しましょう。「すみません、すぐ思い浮かばないので、ちょっとお時間いただいてよろしいでしょうか?」とかでいいのです。それが言えるということで、その回答の得点は半分以上もらったと思ってもよいです。

極意その4:「意気込みすぎない」

意気込むと固くなります。固くなると相手の言うことが聞けなくなります。「こう言おう」と準備してきたことも頭が真っ白になり出てこなくなります。

面接の一番の対策は、何も対策しないことではないかとすら、私は思います。

つまり、自然体でいることです。

あなたらしい、あなたの言葉で、あなたの思っていることを表現できる。

それが、結局は良い印象になる。

そういうことを冒頭の筆者も言っているのだと思います。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告