就活での移動にはYahoo!のアプリ3兄弟がオススメ。

学生の皆さんに接して感じることは、まず99%がスマホを使っていますね。

でも、LINEしか使ってないなんてことはありませんか?

スマホは本当に優れた携帯情報端末なので、これをフルに活用すれば就活にもとても役立つはずです。

私も仕事柄、多くの大学やイベントにしょっちゅう出かけるので、愛用のiPhoneでの情報収集が欠かせません。

今日は、私が外に出かけるときにいつも使っているiPhoneアプリを3つご紹介したいと思います。たまたまですが、皆Yahoo!謹製で、もちろん全部無料です!

まずは外出先の天気を調べよう。雨雲の動きも見たいね

GPS機能で今いる場所の天気予報が分かりますし、「地点検索」で目的地の天気も分かります。

「雨雲」ボタンを押せば今の雨雲レーダーの画像が地図で表示されますし、最大6時間後の雨雲の様子がアニメーションで見ることが出来ます。

2016-01-18 11-22-12

もちろん、降水確率はアイコンのバッジに数字で常に表示されています。

天気予報アプリは多くありますが、機能と見やすさのバランスがさすがだと思います。

一番効率的で得な経路を調べよう。もちろん運行情報もゲット

次は、行き先の最寄り駅までの経路を調べましょう。

乗換案内アプリは多くありますが、無料で機能も最高なのはこれだと思います。

検索結果は時間順、乗換回数順、料金順で表示を並べることが出来ますので、その時の事情によって、とにかく早く!とか、時間かかっても楽に行きたい!とかの目的で選べます。

また、運休や遅延などがあった場合、検索結果の中にそれが表示されるので、運休を知らずにでかけてしまうなどと言うことも防げます。

2016-01-18 11-22-29

また、Web版のYahoo!路線情報と連携しています(Yahoo!のIDが必要です)ので、例えば自宅のパソコンで前日に経路を検索して、その結果をルートメモに保存しておけば、外出後はスマホで確認することができます。

この機能は本当に便利なので、私はいつもこのやり方でルートを検索してメモしています。

路線図が見やすいのと、雨雲レーダーの搭載が超便利な地図

地図アプリはスマホにデフォルトでついていますし、Googleマップも悪くはないのですが、Yahoo!地図の良い所は、鉄道路線図の表示が非常に見やすいことです。

実は、電車の外出で良く使うのは鉄道路線図なのですが、これが見やすい地図があまりありません。

2016-01-19 19-48-21

電車で初めての路線に乗ったとき、今どこを走っているのか? 行く方向は間違っていないか? などが結構不安になるものですが、この地図の鉄道路線図は見やすい上に、GPSによって現在位置が常に表示されるので、自分がどこにいるか分かって安心なのです。

それから、Yahoo!天気と連動した雨雲レーダー表示が最近追加されました。

行き先で雨が降りそうか、あらかじめ予測できるので、傘を持っていくかどうか、判断出来ますね。

あと、混雑レーダーと言うのも面白いです。人の多い場所が濃い色で表示されます。人が多かろうが少なかろうが、行かなくちゃいけない場所には行かなくちゃいけないんですけどね!

まとめ:せっかくのスマホなんだからもっと使いこなそう!

ということです。

皆スマホを持っているのに、予定を忘れていたとか、遅れてしまったとか、迷ってしまったとかいう学生さんは、少なくありません。

せっかくの高性能携帯端末なのですから、ぜひ便利に使いこなしてください。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告