【エントリーシートの書き方のコツ】その「接続詞」は必要ですか?

a0002_005734

学生さんのエントリーシートを添削していて気づくことの一つに、安易な接続詞の使い方があります。

エントリーシートで良く出てくる接続詞は、「そして」、「しかし」、「また」、「そこで」などです。

心当たりありませんか?

実は「接続詞」にはとても多くの種類があって、分類すると、

「接続詞」を断捨離すると、文章がグンと読みやすくなる!? – リクナビNEXTジャーナル

に書いてあるようなものがあります。

接続詞は、必要なときに正しい使い方であれば、読む人に適切な案内役となってくれますが、安易に多用すると、文章が暑苦しく、また読みづらいものになってしまいます。

必要な接続詞、必要でない接続詞はどのように判断すれば良いでしょうか?

それは、

広告
レクタングル(大)広告

無くても文章の意味が通じるなら、その接続詞は無い方が良い。

ということです。

特に文字数制限があるエントリーシートでは、無駄な言葉はできるだけ省ければシェイプアップもできますよね。

私自身もブログの文章を書いてアップする前には、このチェックをするようにしています。

必要な接続詞であっても、使い方が間違っていないかは、上のリンクの記事が参考になるので見てみてくださいね。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする