待遇面を志望理由にしてはいけないもう一つの大事な理由

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

「面接では給与や残業、休日などの待遇面を志望理由に言ったら落とされる」

ということは良く言われますね。

応募者としては本音では、そういう条件は非常に大事で、それを判断基準に会社を選んでいたりするわけですが、それを面接で言うと、仕事をする気、会社に尽くす気がないと思われるからというのがその理由です。

確かにそれはその通りなのですが、実はもう一つ大事な理由があるのです。

企業が一番気にするのは仕事内容へのミスマッチ

企業がまず求めるのは、「会社に貢献してくれる人」、そして「すぐ辞めずに長く勤めてくれる人」です。

待遇面については、嘘を言われない限り「話が違った」と言って辞めることはないでしょうが、仕事内容については、入社してみないと分からないことが多いので、「自分が思ってたのと違った」とか、「やってみたら自分に合わなかった」ということが出がちなのです。

だから、そういうミスマッチですぐに辞めてしまうということを防ぐために、その人が何故この業種、職種を希望しているのか、勘違いをしていないかを知る必要があります。

待遇面だけを志望理由に言う人は、面接でその確認をすることが出来ないので、危ないということで落とされるということがあるのです。

今一度、面接で言う志望動機について再検討してみてください。

では、教はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告