企業がリーダーシップ経験を聞くのは、あなたにリーダーになってもらいたいからではありません。

fotolia_115679577_xs

就活の面接やエントリーシートで、「学生時代に頑張ったこと」を聞かれますよね。

そのときに、部活の部長やバイト先でのリーダーなど、リーダーシップを取った経験を書くのが良いと言われます。

また、面接では、エントリーシートなどにそのようなリーダーシップ経験が書いてあると、「どんな苦労があったか?」とか「どのようにして皆をまとめたのか?」など質問されます。

企業は何故、学生にリーダーシップの経験を問うのでしょうか?

だって、新入社員として一番下っ端になるあなたに、リーダーシップを求めるというのはおかしいと思いませんか?

でも実はリーダーシップを聞くのは別の理由があるのです。

広告
レクタングル(大)広告

新人に求められているのは「良い下っ端」になること

企業が新入社員のあなたに求めることは何でしょうか?

それは、「良い下っ端」になってくれることです。

では、「良い下っ端」になるには、あなたは何をすれば良いでしょうか?

リーダーの言うことを理解し、的確に実行する。リーダーにとって使いやすい部下になることです。

そのためには何が必要でしょうか? それはリーダーの気持ちを理解できるということです。

もし、あなたにリーダーになった経験が無ければ、人の上に立って皆をまとめるリーダーの苦労や悩みが分からないでしょう。

あなたにリーダーになった経験があれば、どのようにリーダーに協力すればリーダーを助けることができるかわかるでしょう。

これが、あなたにリーダーシップ経験があるかどうか、企業が聞く理由なのです。

リーダーシップと同じくらい大事なフォロワーシップ

これは、あなたが下っ端の新入社員時代だけではありません。

将来も、全ての人がリーダーになれるわけではありません。むしろ、多くの人が、リーダー以外の立場で仕事をしていくことになります。

そうしたときにリーダーをフォローし、自分に与えられた仕事を遂行する。

それをリーダーシップに対して、フォロワーシップと言います。

リーダーひとりが頑張っても、チームでの仕事は成功しません。

リーダーを支える良いメンバーがいてこそ、チームは戦えます。

部活やバイトでリーダーを経験したあなたには、そのことが痛いほどわかっているはずですね。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする