私が無料でキャリア相談を受け付けている3つの理由

Fotolia_114556777_XS

今日はちょっとアドバイスではなくて、私自身について書きたいと思います。

このブログでは、以前からメールで、そして最近はLINEでのキャリア相談を無料で受け付けています。

私も、キャリアカウンセラーを生業としている以上、それでお金を稼がないといけないのですが、このブログに来て頂いている読者の方からお金を頂こうとは思っていません。

それには主に3つの理由があります。

広告
レクタングル(大)広告

世の中には無料でキャリア相談ができるところが多くあるから

このブログに来て頂いている方は、就活中の学生さんや、社会人でも25歳程度までの若い人が大多数です。

今の日本では、キャリア相談をしようと思えば、大学のキャリアセンターやハローワーク、または民間の人材紹介会社など、多くの場所で無料で受けることができます。

その中で、有料相談の看板を掲げても、まずお金を払ってまで来てくれないだろうということが1つめの理由です。

それに、まだ社会に出ていない、しかも奨学金を借りてまで学校に行っている学生さんからお金を頂くことはしたくないという気持ちもあります。

私は他のところからお金を頂くことが出来ているから

私自身は定年退職後、まだ年金受給年齢に達していませんし、以前勤めていた企業の退職金もさほどではなかったので、まだまだ働く必要がありますし、働きたいとも思っています。

でも無料相談ばかりやっていたらお金にならないのですが、実はこれにはカラクリがあって、他のところからお金を頂いているのです。

いやいや、何も悪いことをしているわけではないですよ。(笑)

現在私は、某人材系の企業と業務委託契約をしています。

そしてその企業は大学からカウンセラー派遣を受注しています。

つまり、回り回って、大学が出したお金で学生さんは私のカウンセリングを受けているということです。

最近は大学も経営がよろしくないところが多いので、カウンセリングのような専門的業務は外部にアウトソーシングするところも増えているようですね。

それから、これは金額はたいしたことありませんが、このブログに貼ってある広告の収入も若干入ってきます。

マイペースでやらせて頂けるから

サラリーマン時代と違い、フリーランスになってからは、自分のペースでゆったりと働きたいということもありました。

この仕事に限らず、フリーランスで直接受注すると、全然フリー(自由)じゃなくなるということも聞いています。お金を頂いている以上、お客様ですからね。

私は、カウンセリングは、全く利害関係のない中で信頼されてやるべきだと考えていますので、今のところは無料で、私に無理のない範囲で、でも心を込めて対応していきたいと考えています。

ですから、LINEでの相談も結構気ままですよ。それは覚悟してください。(笑)

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする