1dayインターンシップは会社説明会と捉えて情報収集に活用しよう!

 就活戦線が揺れている。これまで「5日間以上」としていた、インターンシップ(就業体験)の条件が削られ、1日だけの開催も認められるようになるという。 学生の売り手市場が続いている。就活サイト「マイナビ」...

という記事によれば、経団連では、今までインターンシップは「5日間以上」という基準を設けていたけれど、1日でも良いとする考えを示したとのことです。

そんな基準あったのか?というレベルの話ですが、これに対して企業からは、

ある大手金融会社の人事担当者は、5日間という日数撤廃に危機感を抱いている。

「1日インターンに、私自身は反対です。5日間のプログラムを通じて、学生の成長する姿も見てきました。大学からも『5日間以上を応援したい』との意見をいただいています。たった1日のインターンは、果たして就業体験と呼べるのか」

という声も出ているようです。

インターンシップは「就業体験」なのだから、1日で何ができるのか?ということですね。

確かに本来のインターンシップの目的からすればその通りなのですが、私は、1dayインターンシップにもそれなりの良いところがあると思っています。

まず、5日間などの長期間インターンシップは、授業、部活、バイトなど、色々と忙しい学生の皆さんにとっては、なかなか参加しづらいということです。

私が学生さんの相談を受けている大学でも、「長期間のインターンは行きたいけど行けない」という学生さんが多いです。

1dayインターンシップでは、多くの場合、会議室などで企業説明と簡単なグループワーク程度にとどまり、実際の現場での「就業体験」まではできません。

でも、これから企業研究をしようとする学生さんにとっては、それでも企業の情報収集に十分役に立つ内容です。

そのような内容について「インターンシップ」と称することの是非は確かにありますが、それは政府と経団連の間で議論していれば良いことです。

就活をするあなたにとっては、企業に行って直接説明を聞くことができる「会社説明会」だととらえれば良いのです。貴重な機会です。

名前にとらわれる必要は全然ありません。

ぜひ、どんどん1dayインターンシップに参加してください。

あらゆる機会をとらえて積極的に行動する。

結果は行動の量に比例する。

これが就活の極意ですから!

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告