履歴書やエントリーシートを出す前に忘れてはいけない大事なこと

「ありがとうございました!これで完成したので出してきます!」

と彼は元気よく言って帰ろうとしました。

明日の選考で提出するエントリーシートを添削してあげて、出来上がった安心感と達成感で元気が出たようです。

「ちょっと待った!」

と私は言いました。

「え?」

「それ、忘れずにコピーしとけよ!」

面接の準備のためにコピーを保管

一生懸命に書き上げた履歴書やエントリーシートは、提出前に忘れずにコピーしておきましょう。

その理由は、主に2つあります。

1つ目は、履歴書やエントリーシートは面接の資料として使われ、そこに書いた中から質問されたりすることです。

ただでさえ緊張する面接の現場で、自分が書いたことを思い出せないと、書いたことと違うことを答えてしまったり、矛盾したことを言ってしまったりします。

面接日には、履歴書やエントリーシートのコピーを必ず持参し、待ち時間などに見返して頭に入れておくようにしましょう。

手書きの内容を使いまわすためにコピーを保管

もう1つの理由は、せっかく苦労して書き上げた内容を次の機会に活かすためです。

志望動機は受験する企業ごとに変えなくてはいけませんが、自己PRや「学生時代に頑張ったこと」などは、他の企業に同じ内容を使いまわすことができます。

もちろん、業種や職種が違えばそれに合わせて変える必要もありますが、同業種だったら同じものを使える可能性が大きいです。

OpenESのようなデジタルデータであれば、パソコンやクラウドに保存されていて使いまわすことが簡単ですが、手書きの履歴書やエントリーシートはコピーする以外保存方法がありません。

苦労して書いた履歴書やエントリーシートは、あなたを表す大事な成果物。

ぜひ、できたら出してしまって、後は何も残らない。

なんて、もったいないことはしないでくださいね。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告