最終面接に合格するために一番大事なたった一つの方法

最終面接を突破するためにやるべきことを教えてください。

というご質問を頂きましたので、今日はここでお答えしましょう。

広告
レクタングル(大)広告

あなたはすでに合格ラインにいる

まず、最終面接とはどんな面接なのか? ということです。

今までの何回かの面接で、あなたの自己PRや志望動機は十分に言ってきたはずです。

そして、その結果受かってきたということは、その内容と、それを話したあなたの人柄や能力については、合格点だということです。

まず、そのことに自信を持ってください。

現場レベルではあなたを採用したいと思っている

最終面接の前の面接の面接官は誰だったでしょうか?

きっと人事部門の責任者か、現場の責任者クラスだったと思います。

そうした人が面接をして合格と判断したということは、現場では、あなたのことを

「ぜひ、一緒に働きたい!」

と思ってくれているのです。

そしてその意向は、最終面接の面接官となるエライ人、会社の役員や社長に伝えられています。

「ぜひ、あの人を採用してください!」と。

最終面接に行けるというのは、そういうことです。

このことにも自信を持ってください。

では、そんなあなたが最終面接でいわばラスボスと対決するとき、どうすれば良いでしょうか?

これはもう、

自信を持って自分を最大限に出し切る

ということに尽きます。

ラスボスだからと言ってビビる必要はありません。

現場から「ぜひ、採用してほしい!」と言われて来た人が、本当にその通りなのか、エラい人は確認しようとしています。

ですからあなたは、今までにやってきたようにやればいいのです。

再確認のために今までと同じようなことも聞かれると思います。

今までと同じように話してください。

最終面接だからと言って、無理に自分を作らないように。

あなたはそのままで魅力的なのです。

だから最終面接まで来れたのです。

作ったあなたであれば、今までに化けの皮が剥がれて落とされてきたはずだからです。

自信を持って、あなたらしさを最大限に出し切ってください。

それが、最終面接に合格するための一番大事なたった一つの方法です。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする