就活のアドバイスで「絶対」と言う人の話は「絶対」聞くな。

内定を得た4年生が、キャリア相談室にいた3年生の後輩に、

「インターンシップは絶対行くべきだって!」

と力説しているのを見ました。

それを聞いた3年生は、

「そうですかあ。まだ行ってないす。ヤバイっす!」

と焦り始めた様子。

私は、

「あーこりゃまずいなあ」

と思いました。何故でしょうか?

広告
レクタングル(大)広告

就活に「絶対」はない。

上の例の人は、自分はインターンシップに行って上手く行ったのです。

その会社では、インターンシップに行った人は選考の過程が省略されて、明らかに有利だったとのこと。

でも、それはたまたまその人が受けた企業ではそうだったというだけであって、全ての企業でそういうことをするわけでは全然ありません。

インターンシップに行かずに内定をもらえた人はいくらでもいます。

そういう人に、

「インターンシップは絶対行かないとまずいですか?」

と聞いたら、

「う~ん、そうでもないんじゃない?」

と答えると思います。

インターンシップに関して言えば、確かに情報収集の目的で行くことはとても有意義です。

でも、行けば絶対有利になるなんてことはありません。

逆に、行かなければ絶対不利になるなんてこともありません。

純粋に、学生の企業研究に役立ててもらえれば良いという理由でインターンシップをやっている企業は多くあります。

インターンシップも、非常に多くの企業研究の手段の一つです。

人によって、その手段を使ったり、使わなかったりで良いのです。

焦らず、自分のペース、自分のやり方をつかむこと

就活に関して、世の中の情報には、これに類することが多くあります。

それらを聞くと、自分はやってないと思って焦りの気持ちが出ることがあると思いますが、焦ることで良いことは一つもありません。

そういう情報や噂を聞いたときは、

「あーそういうこともあるんだな」

程度に聞き流していた方が良いです。

キャリア相談室で学生さんの相談に応じていると、本当に一人ひとり、やりたいことや企業を探す条件も違うので、何一つ、「こうすれば絶対大丈夫」なんてことはないことを実感します。

もし、どうして良いかわからなければ、できれば早い時期に、信頼できるキャリアカウンセラーなどに相談して、あなたなりのペース、あなたなりのやり方をつかんでもらいたいと思います。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする