就活での他の学生は、決してあなたのライバルではないという理由

まず、このツイートを見てください。

どう思いましたか?

「うん、そのとおりだよなw」

と思ったでしょうか?

今回は、決してそんなことはないのですよという話です。

広告
レクタングル(大)広告

入社試験は相対評価ではないのです。

上のツイートをした人は、

「企業は来た学生の中で良い方から何人か採用する」

という方法を取ってると思っているようです。

でも、これは違います。

もし、あなたの他に受験する学生がいなくても、あなたが合格の基準に達していなければ、やっぱり落とされるのです。

何故か?

当然のことながら、仕事ができない人間を採用するわけには行かないからです。

あなたが合格できるかどうかは、他に受験者がいるかどうかではなくて、あなたが企業が求める基準に達しているかどうかなのです。

ただ、受験者が多い場合は、もちろん、ポイントの高い人の方から採用されます。

募集人数より応募者数が多い場合は、その中での競争になることは当然です。

やるべきことは自分を磨くことだけ

応募者が少なくて競争率の低い企業を受ければ受かるとも、一概に言えない理由がそういうことなのです。

あなたが良い人でなければ、どこに行っても受かりません。

当然ですけどね。

だから、就職を成功させる方法は、ライバルがどうこうではなく、

そんなことを気にするよりも、自分をいかに高められるか。だけなのです。

人のことを気にする必要はありません。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする