「面接でこう言え」的なノウハウはそのままやると逆効果です。

前にこんなことがありました。

「面接での逆質問はどんなことを聞いたら良いですか?」

と学生に聞かれたので、私は良くある模範的な質問を教えてあげました。

「『入社するまでに勉強しておくことやしておくことがありますか?』なんて、前向きな感じでいいんじゃないかな」

後日、その学生がやってきて、こう言うのです。

「逆質問で教わったこと言ったのですが、そしたら面接官から、

『はい、その質問今日で3人め〜!!(笑)』

って言われました。」

私は、

「あ、やっちゃったな」

と思いました。

これは私の失敗談です。

広告
レクタングル(大)広告

企業はマニュアル人間を求めてはいない

この例でわかるように、毎日多くの受験者と接している面接官にとって、模範的なことを言うのは、「またか」と思われるだけなのですね。

「またか」と思うことだけで即不合格とはなりませんが、あなたへの印象は、「無難なことは一応できそうな人だ」というだけで、あなたの良さは全くアピールされていません。

では、どんなことを言えばいいのでしょうか?

それは、入社してからの仕事を考えてみればわかってくるはずです。

アルバイトではないのですから、あなたが入社してからやる仕事は、マニュアルに書いてあることを忠実にやることではありません。

マニュアルもお手本もない新しいこと。

それを自分の頭で考えて、実行する力がある人。少なくとも、それができそうと感じさせる人を企業は求めているのです。

何かをやらせたらその度に、「マニュアルがないのでわかりません」と言ってくるような社員を求めている企業はありませんよね。

そう考えれば、面接であなたがすべきことはわかります。

つまり、

あなたの頭で考えて、あなたの言葉で話すこと

です。

「こんなこと言ったらまずいんじゃないか」

「どんなことを言えば良く見られるんだろう」

そういうことを考えてしまう気持ちは良くわかります。

でも、逆質問に限らず、じつは話す内容は二の次なのです。

あなたが、自分の頭で考えて、自分の言葉で言うこと。

それが一番大事なのです。

それができれば、面接官も、他の人にない何かを必ず感じるはずです。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする