エントリーシートの自己PRなどで書くべき一番大事なこと

私は大学のキャリア相談室で学生さんの就活支援の仕事をしていますが、就活もピークのシーズンになると、毎日履歴書やエントリーシートを見て、添削やアドバイスをします。

履歴書やエントリーシートでは、「自己PR」や「学生時代に力を入れたこと」などを書くことが多いのですが、はじめてそれらを書く学生さんの多くが、一番大事なことが一番抜けていることを感じています。

それは何でしょうか?

広告
レクタングル(大)広告

具体的なエピソードを書くこと

なのです。

あなたの今の思いや、将来こうしたいということではなく、「過去の事実」を書くことが大切なのです。

何故なら、企業が一番知りたいことは、あなたが、

「どんなときにどんな行動ができて何を学べる人なのか」

だからです。

それは、仕事というものは、行動しなくては結果が出ないからです。企業は行動できる人が欲しいからです。

また、特に新卒の場合は、これから学んで仕事を覚えてもらわなくてはいけませんから、行動した中、つまり仕事の中から学び、成長できる人なのかどうか、それを知るために、あなたの「過去の事実」を見たいのです。

これが、「具体的なエピソード」を書かなくてはいけない理由です。

いちばん大事なのは「あなたが何をしたか」

具体的なエピソードが必要というところまでは理解している人が多いのですが、いざ書いてみると、いちばん大事な「行動」があまり書かれていない人が多いです。

文字数の制限もあるのだと思いますが、多くの部分をそのエピソードの背景や、結果に費やしていて、肝心の「行動」については、わずか一言で片付けてしまっている人が多いのです。

上にも書いたように、いちばん大事なのは、「あなたが何をしたか」なのです。

背景や結果はあくまでもそれに付随するものです。

どれも文章に必要な要素なのですが、今一度、あなたの書いた文章の中で、「あなたが何をしたか」について詳しく具体的に書かれているか、チェックしてみてください。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする