「学生時代に力を入れたこと」のネタが無くて困っている人にありがちなこと

履歴書やエントリーシートに良くあるお題が、「学生時代に力を入れたこと」、略して「がくちか」ですね。

これが書けないと言って苦労している学生さんが結構います。

そういう人に話を聞くと、

「自分は特に困難なことを乗り越えたり、すごい経験などしていないので・・・」

と言うことが多いです。

でも、これは勘違いなんです。

広告
レクタングル(大)広告

企業が知りたいのは、「学んで成長できる人なのか」

大学の4年間の間に、そんなに困難なことやすごい経験なんて、そうそうあるものではないですよね。それが普通だと思います。

でも、そんなことは企業もわかっているはずです。だって、自分もそういう学生生活を送ってきたのだから。

ありきたりの部活やバイトの毎日の中でもいいのです。

その中では、確かにそれほど困難なことやすごい経験は無かったでしょうが、何か、「あるときこんなことがあった」ということくらい、思い出せば1つや2つあるでしょう。

ネタとしては何でもいいのですよ。

必ずしも困難や苦労じゃなくてもいいのです。ありきたりのことで全然構いません。

あなたという人は、どんな時にどういう行動が取れるか、そして、これが大事なところなのですが、そこから「何を学んで成長できる人なのか」を企業は知りたいのです。

就職してからの毎日だって、ありきたりの日々が続くのです。

だって、そんな困難なことや大事件が毎日起きているような会社だったら、そんな会社ってどうなの?という話になりますよね?

でも、せっかく採用したあなたですから、そんな日々の仕事の中からでも、何かを学んで、成長していって欲しい。

それが企業のいつわらざる気持ちです。

じつは、企業が求めているのは、すごいことができる人じゃなくて、日々のありきたりの仕事の中でコツコツとやっていける人。

「学生時代に力を入れたこと」では、あなたがそういう人なのだということを、アピールできればいいのです。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする