就活に役立つインターンシップの選び方。3つの大事なポイント

6月1日になると、リクナビやマイナビでインターンシップ情報の掲載が始まります。

いよいよ来年度就活の3年生の準備が始まる時期ということになります。

各企業は、夏休みのインターンシップに学生を招き入れようと、準備を始めます。

今日は、そんな時期の3年生の皆さん向けに、インターンシップを選ぶポイントについてお話したいと思います。

広告
レクタングル(大)広告

まずは広めに業界を選んでみる

3年生の皆さんであれば、まだ希望する業界が決まっていない人が多いと思います。

さすがに全く何も考えていない状態であれば、インターンシップ先を探すのもターゲットが定められなくなるのですが、ある程度、いくつかの業界が思い浮かんでいる人であれば、それらの業界から1社ずつインターンシップに行ってみれば良いです。

3年生の段階であれば、まだ「絞られていない」と考える必要はありません。

むしろ、最初は広めにいくつかの業界を候補にあげておいて、インターンシップに行った結果でまた考えを深めていけばいいのです。

実際に行ってみることで、さらに魅力がわかる場合もありますし、逆に「あ、ここは違うな」とわかることもありますので、自然と自分に合った業界が絞られてくるのです。

だから、まだまだ、絞られていなくてもあわてる必要はありません。

選考のあるインターンシップは本番の練習と思う

人気のある企業のインターンシップは選考が行われることが多いです。

インターンシップなのに、まるで選考の本番と同じようなエントリーシートを出させられたり、面接や筆記試験があったりする企業があります。

これは、多くの参加希望者がいるので、何らかの方法で選ぶ必要があるという理由が一番ですが、実はインターンシップの名を借りた第一次選考であるということが、ここ1〜2年増えています。

でもそれは企業側の都合です。

インターンシップに行く学生さんは、あくまでも自分の業界研究、企業研究のために行くということで良いのです。

選考があるからと言って、行きたいと思う会社のインターンシップでなければ行ってはいけないということはありません。

まだ、ざっくりとしている段階で勉強のために行くのだ、と思っていて良いです。

行われる選考も、「本番のための練習をさせてくれている」と、前向きにとらえてチャレンジすれば良いのです。

忙しい人は1dayインターンシップを有効活用

夏休みとは言っても、部活やボランティアなど、他の予定が多くてなかなか長期間のインターンシップに行くのは難しいという人も多いでしょう。

最近は1dayのインターンシップを行う企業が多くなってきました。

企業の側も、採用活動にインターンシップが有効とはわかっていても、長期間のインターンシップは受け入れる職場の側の負担も大きいため、手軽に開催できる1dayのインターンシップが多くなってきたのです。

忙しい学生さんも、これを有効活用しましょう。

1dayだけですので、内容は企業の説明とグループワークなどですが、それでも、早い時期に企業から直接話を聞くことができる貴重な機会です。

忙しい学生さんの場合は、1dayに多く行くというのも、良い戦術ですよ。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする