就活中に彼氏や彼女と別れる人が結構多い理由

今日も相談対応中に、「え〜!またか・・・」と思いました。

学生が前回以後何も進められていないというので、聞いてみたら「彼女と別れて・・・」という話が出てきたのです。

「またか」と思ったのは、就活中に彼氏や彼女と別れたという話を聞くことが本当に多いからです。

これ、何故なんでしょう?

そして、こんな話をすると、「えー?就活なんかイヤだ!」と思う人が出てくるといけないので、いやいやそうばかりでもないんですよ。

という話も含めて、今日は書きたいと思います。

広告
レクタングル(大)広告

別れもあなたが就活で成長して現れた結果の一つ

就活を始めると、今まで考えたことがない色々なことを考えざるを得なくなります。

自分が何をしたいのか?

将来何をしていくのか?

自分の良いところ、悪いところは何なのか?

世の中にはどんな仕事があるのか?

自分が合っている仕事は何なのか?

などなど。

そして、今まで行ったことがない場所にでかけて行き、今まで触れ合うことがなかった社会人の中に飛び込んでいくことになります。

そういう就活というのは、ストレスもありますが、すごく刺激的で、あなたはその中で行動していくことで、知らず知らずのうちに、知識も経験も増えて、人間的に成長するのです。

実際、キャリア相談室で継続的に対応している学生さんの中には、ある日突然、人が変わったように、脱皮したかのように、急激に成長する人もいます。

こちらが、ビックリするくらいです。

でも、そんなとき、本人はあまりそのことに気づいていないのですね。

週に1回1時間話をするだけのカウンセラーの私でさえ気づくほど、あなたが変わったならば、あなたにもっと近い人、例えば彼氏や彼女なら、もっとそれを感じるでしょうね。

あなたは明らかに変わった。

でも、あなた自身は気づいていない。

ある日、彼氏や彼女から、「なんか今までのあなたと違う」と言われても、あなたは何故そんなことを言うんだろう? と思うかも知れないですね。

それはつまり、あなたが成長したことで、あなたの彼氏、彼女から距離ができてしまったということなのです。

これは、確かにそのときには、つらく、悲しいことですが、長い目で見れば、あなたが人間として成長するときの痛みの一つなのです。

決して悪いことではないのです。

逆に就活中に恋が始まることもある

最近経験した実例をお話しましょう。

私が担当していた4年生2人、男子と女子、A君とBさんです。

2人は同じ部活に所属していました。

そして、それぞれ別の彼女、彼氏がいたのですが、就活中のある時期に、それぞれ別れてしまったのです。

2人ともそのときは就活の真っ只中、落ち込みながらも果敢に就活には取り組んでいました。

その後、A君もBさんも内定を得て、キャリア相談室には顔を見せなくなっていました。

そんなある日、久しぶりにBさんが相談室を訪ねてきて、雑談をしていたら、なんと、夏休みの前から、A君とつきあい始めたと言うのです。

びっくりしましたが、私から見れば、2人はとてもお似合いのカップルに思えました。

就活や失恋でつらい時期をくぐってきた2人。

それぞれに成長した2人ですから、きっと波長が合ってきたのだと思います。

逆にそういうこともあるのです。

大事なのは、就活を通してあなたが成長すること。

痛みはあっても、それを乗り越えていくことで、内定も、そしてそれを含めた人生そのものの幸せも、結局は得ることができるのです。

希望を持って進んで欲しいと思います。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする