就職先を決めるとき、会社の設立年は意識した方が良いのでしょうか?

「就職先を決めるとき、その会社が設立して何年経っているのかというところは、意識したほうがいいのでしょうか?」
という質問がありました。

私はこう答えました。

「逆に聞きますが、あなたがもし結婚するとして、相手の年齢を意識しますか?」
広告
レクタングル(大)広告

会社も人と同じ。若い会社と年老いた会社がある

自分の結婚相手だったら、相手の年齢を気にしない人はいないですよね。

自分が入る会社もそれと同じです。

結婚相手も自分より若い人が良い人もいれば、年上が良い人もいます。

そしてそれは、人それぞれ。あなたの価値観や好み次第です。

会社も、若くて活き活きした会社が良いか、ある程度歴史があって落ち着いた会社がいいか。どちらも一長一短、あなたの価値観や好み次第だということです。

自分にとってはどちらが合うか、考えてみるのが良いでしょう。

ただ、人と違って会社は、見た目ではあまり年齢がわかりません。

(人でも見た目でわからない人はいますが。。。)

だから、企業の情報で設立年は一応調べておきましょう。

では、今日はこのへんで!

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする