新元号「令和」 履歴書での書き方について

(この記事は2019年4月2日に書きました。)

平成に次ぐ新元号が発表されました。

「令和」

ですね。

広告
レクタングル(大)広告

2019年度の大学4年生の卒業見込年は「令和2年」

ちょっと前から私のいる大学キャリア相談室では、履歴書を書く学生さんから、

「卒業見込年はどう書けばいいですか?」

という質問がありました。

今の4年生の卒業見込年は、新元号が発表される前は、

「平成32年」としか書きようが無かったので、実際には存在しない年なのに、そのように書いておきなさいと指導していました。

でも昨日、新元号が発表されましたので、

今日からは、

「令和2年」

と書きましょう。

「え? 2年?」

と思った人もいるかも知れませんが、

2019年5月1日〜2019年12月31日が令和元年(1年)

2020年1月1日〜2020年12月31日が令和2年

ですから、間違えないようにしてくださいね。

手書きの場合「令」の字の書き方はどちらでも良い

手書きの履歴書で気になるのは、「令」という字の書き方です。

これについては、こんなツイートがありましたのでご紹介しておきます。

とてもわかりやすいですね。

では、今日はこのへんで!

ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

LINE就活相談

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報などをお送りします。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする