最終は役員面接と言われました。役員って何ですか?

先日、大学のキャリア相談室で学生さんに聞かれた質問です。

なるほど、「役員」と言われても会社の中でどんな人なのか、何となく偉そうな感じはするけど、よく分からないという人も多いかも知れませんね。

今日はこの質問にお答えしましょう。

【広告】
レクタングル(大)広告

役員は法律的には3種類の人たちがいる

まず、会社の役員とは、法律的には会社法という法律で定められている次の3つの人たちです。

①取締役
②会計参与
③監査役

普通、取締役というのは何人かいて、その中で「代表取締役」というものを決め、この人が社長となっていることが多いです。

また、それ以外の取締役は、会長、専務、常務などの肩書を使って役割分担していることが多いですが、法律的には、みな「取締役」です。

この人たちは社員ではありません。いわゆる会社の「経営陣」で、皆さんが最終面接で対面する可能性があるのは、この「取締役」の人たちです。

つまり、最終面接は経営陣が面接をして、あなたがこの会社に相応しい人物であるかどうかを総合的に判断するのです。

その他の「会計参与」や「監査役」は、会社の財務・経理に関する仕事をしていますので、まず採用面接の場に顔を出すことはないと思います。

また、中には「執行役員」という肩書の人もいますが、これは「役員」という名前はついていても経営者ではなく社員です。

社員でありながら、経営直下のポジションとして大きな権限を任されている人たちということになります。

中小企業であれば最終面接に会長や社長が出てくることもある

大企業であれば、取締役や執行役員の中から何人かが面接官として出てきて、会長や社長まで出てくることはないと思いますが、中小企業の場合は取締役が少ないこともあり、会長や社長が面接官をすることもあります。

以上のような説明を聴くと、すごくエラい人と対面することになるので緊張がマックスという感じを持つ人もいるでしょう。

でも、面接というのは最終面接に限らず、あなたが企業を見極める場でもあります。

会長や社長は、この会社の最高権限者。

この人たちの決定、判断が、その下に伝えられ、さらにあなたが入社したときには最終的にはあなたの仕事を決めるのです。

そして、会社全体の雰囲気を決め、将来を決めるのもこの人たちの影響が大きいです。

最終面接では、会社の代表であるこれらの人たちをじっくり見極める場でもあるのです。

ぜひ、気後れせず、最大限のあなたを出すと同時に、しっかり見極めてください。

では、今日はこのへんで!

LINE就活相談

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報などをお送りします。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする