キャリアコンサルタントには守秘義務があるので安心して相談してください

私は大学のキャリア相談室で、学生さんの就活相談に応じる仕事をしていますが、面談中にたまに、こんなことを聞かれることがあります。

「○○くんは来てますか? 彼は就活進んでますか?」

同じ大学内ですので、友だちがいて、その友だちの就活状況はどうか、気になるのはわかりますが、それを私のようなキャリアコンサルタントに聞くのは、間違っています。

何故なら、キャリアコンサルタントには守秘義務があるからです。

具体的に言いますと、キャリアコンサルタント倫理綱領という中に、このように書かれています。

(守秘義務)
第5条 キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングを通じて、職務上知り得た事実、資料、情報について守秘義務を負う。但し、身体・生命の危険が察知される場合、又は法律に定めのある場合等は、この限りではない。
2  キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングの事例や研究の公表に際して、プライバシー保護に最大限留意し、相談者や関係者が特定されるなどの不利益が生じることがないように適切な措置をとらなければならない。

キャリア相談室に来る○○くんの就活の状況は、私にはわかっています。「職務上知り得た事実、情報」だからです。

だからこそ、たとえ同じ大学の友だちだったとしても、その内容を他の人に話すことはできないのです。

この守秘義務があって、私たちがそれを大切に守っているからこそ、相談者は安心して何でも話をすることができます。

キャリアコンサルタントにとって、守秘義務とは、自分の仕事が成り立つための基礎と言えるのです。

上のような質問を受けたとき、私はこの、キャリアコンサルタントの守秘義務についてお話します。

また、一番最初の面談時には、キャリアコンサルタントには守秘義務があって、話した内容は誰にも言わないので、何でも安心して話してほしいということを言います。

私は、大学での仕事以外にも、個別に相談に応じたり、このブログでは、LINEを利用して無料でご相談に乗ったりしています。

LINEでの相談は無料ですが、キャリアコンサルタントとしての仕事であることは同じなので、絶対に守秘義務は守ります。

ご相談頂いた内容からヒントを得て、ブログの記事にすることはありますが、その際も個人が特定されないように十分配慮した書き方にしています。

どうか、安心して、キャリアコンサルタントをどんどん活用して頂きたいと思います。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告