入社してすぐに会社を辞めることは一概に悪くはない理由

仕事をゲームに例えて、こんな風に言う人がいます。

最初は上手にできなくて、すぐにゲームオーバーになってしまう。

でもだからと言って、このゲームはつまらないとすぐ投げ出していたら、どんなゲームでも上手くなれない。

仕事でも、最初はつまらなくても、がんばってしばらくやってみることが大事。

そうすればきっと面白くなってくる。

私も最初は、もっともだなと思っていたのですが、最近、そうでもないかなと思い始めました。

広告
レクタングル(大)広告

辛抱強くやり続けられるのは結局良いゲームだから

ゲームの話に戻りますが、あなたが好きなゲームをやっているときのことを考えてみてください。

最初は上手くできなくて、何度もゲームオーバーになって、やり直す。

でも、あなたは嫌にならず、辛抱強く何度もやり直すのは何故でしょうか?

ちょっと考えてみてください。

私は、これには主に3つの理由があると考えています。

まず、上手くできなかったとしても、それなりに楽しいから。

よく出来たゲームはそうですよね。その世界にいることが心地よいから、上手く行かなくても何度でも続けたくなる。

つまり、「心地よい環境」だということです。

2番めは、少しずつ上手くなったり、前に進む実感があることです。

良いゲームは、ゲームバランスが絶妙です。

難しすぎると何度やっても上手くいかず、そのうち嫌になってしまいますし、逆に簡単すぎると手応えがなくてつまらなくなります。

適度に難しくて、でもやっていると確実に上手くなって勝てるようになったり、新しいステージやアイテムが得られて世界が広がる楽しさがあったりします。

つまり、「成長の実感」「ささやかな達成感」

良いゲームはこれが得られるから、人は続けることができるのだと思います。

クソゲーな会社は辞めたほうがいい

さて、仕事ではどうでしょうか?

上に太字で私が書いた3つの条件、これがそのまま会社にも当てはまると思うのです。

「心地よい環境」

「成長の実感」

「ささやかな達成感」

あなたは今、仕事でこの3つが得られているでしょうか?

今得られていなくても、将来は得られると希望が持てる会社でしょうか?

残念ながら、クソゲーな会社は、やっぱり存在します。

上司や先輩との人間関係が悪く、居心地が悪い環境。

いくら頑張っても同じことの繰り返しで、これを続けていても自分が成長できるとは思えない仕事。

いつまでやっても「やった!」という達成感がまるでない仕事。

会社に長く勤めるのは、そのこと自体が目的ではありません。

長く勤めることで、あなたが成長できること、成長することであなたがより良い人生を生きることができると同時に、より大きく世の中に貢献できること。それが目的です。

だから、その見込みがないのであれば、長く勤める必要はありません。

というか人生の貴重な時間を、それも若いときの大事な時期を無駄に過ごし、消耗だけしてしまうことになります。

あなたの会社が、「クソゲー」な会社だと思ったら、辞めた方が良いです。

その時期は、早くても決して悪いことはありません。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする