内定辞退は全く問題ありません。ただし承諾書提出前にしてください。

人差し指を立てるビジネスマン

入社する会社はひとつしか選べないので、それ以外の会社には断りの連絡を入れなければならない。
しかし学生は、連絡の前に緊張感を高めることになる。
内定を辞退すると、採用担当者に怒鳴られ、頭からコーヒーや牛丼をかけられる、などといった噂があるからだ。にわかには信じがたいが、日経新聞(電子版)によると全くのウソでもないという。
内定辞退で「人事が罵倒」は実在する 「お前なめてんのか」「謝りに来たら骨折させる」 | ニコニコニュース

確かになかにはこういう実話もあったようですが、そんな非常識な人事がいるような会社は推して知るべしなところなので、このような目に遭ったらその時だけ我慢して、後はそんな会社を断った自分の判断が正しかった証明だと思えば良いでしょう。

ただ、この記事で気になったのは、単に「内定を辞退すると」と書かれていたことです。

内定を辞退すること自体は、全く問題ありません。学生が複数の企業を受けていることはお互い承知の上ですし、企業の側も不採用通知をいくらでもするのですから、学生も断ることは全く問題ありません。というか、それは職業選択の自由なので憲法で保証されていることです。

しかし、内定をもらった後で企業に、「入社承諾書」を提出した後での辞退となると、話は別です。

入社承諾書を提出するということは、その企業に「必ず入社します」ということを約束することなので、社会人としての責任が発生します。

企業の側は、入社承諾書がもらえるまでは安心しないけれど、入社承諾書が来たら、この人は必ず入社するとして、場合によったら以後の採用活動を中止することもあるかも知れないのです。

その後に辞退されると、採用担当者の痛手は大きいです。一度中止した募集を再開しなくてはいけなくなり、さらにコストと手間と社内のスケジュールが色々かき回され・・・と、考えたくない事態が発生します。

だから、学生の皆さんに憶えておいて欲しいのは、

内定を辞退するのは全く問題ナシ!

ただし、入社承諾後は、ナシにして欲しい。

ということなのです。

入社承諾後の内定辞退の問題については、こちらの記事も書いてみました。ご参考にして頂ければ幸いです。

今年(この記事は2015年に書いたものです。)の新卒採用は、表向きは就活スケジュールの変更により、選考開始は8月からということになっ...

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告