新元号「令和」 履歴書での書き方について

(この記事は2019年4月2日に書きました。)

平成に次ぐ新元号が発表されました。

「令和」

ですね。

【広告】
レクタングル(大)広告

2019年度の大学4年生の卒業見込年は「令和2年」

ちょっと前から私のいる大学キャリア相談室では、履歴書を書く学生さんから、

「卒業見込年はどう書けばいいですか?」

という質問がありました。

今の4年生の卒業見込年は、新元号が発表される前は、

「平成32年」としか書きようが無かったので、実際には存在しない年なのに、そのように書いておきなさいと指導していました。

でも昨日、新元号が発表されましたので、

今日からは、

「令和2年」

と書きましょう。

「え? 2年?」

と思った人もいるかも知れませんが、

2019年5月1日〜2019年12月31日が令和元年(1年)

2020年1月1日〜2020年12月31日が令和2年

ですから、間違えないようにしてくださいね。

手書きの場合「令」の字の書き方はどちらでも良い

手書きの履歴書で気になるのは、「令」という字の書き方です。

これについては、こんなツイートがありましたのでご紹介しておきます。

とてもわかりやすいですね。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする