成果主義が機能しないもう1つの理由

20130817134155

成果主義は、成果に応じた報酬、つまり、成果が出れば報酬を増やし、成果が出なければ報酬が下がるという仕組みです。

人は報酬を上げたいので成果を出そうと努力する。ということが前提となっています。

一時は非常に成果主義がもてはやされましたが、今ではその弊害が多く言われています。

曰く、勝者は勝ち続けていない限り、報酬が落ちる。そのストレスによりいつか疲れ果てる、とか、一度負けると投げやりになったりする、とか、自分の成果だけに拘り、他の社員との協力をしなくなる。等々です。

私は、成果主義が機能しなくなった理由は、まあそれはあるだろうけど、それだけではないのではないかと思っています。

実際は、

社員は自分の報酬を上げるために働いていない。

ということです。

確かに誰にとっても報酬は多いに越したことはありません。でも、それが仕事の目的ではありません。

まともな人であれば、人にとって幸せとは何かがちゃんと分かっているはずです。

本当は経営者も、まともであればそれが分かっているのです。その答えは決してお金ではありません。

それなのに報酬で報いようとするのは、何故でしょうか? それは、

報酬で報いるしか手段がないから

です。

会社も、社員も、それが分かっているのです。口には出さないけれど、矛盾と欺瞞があることにお互いに気づいているのです。

だから、心から納得して、燃えて仕事に打ち込むことも、会社を愛することも出来ないのです。

そういう状態に陥っていることが、成果主義が機能しない理由ではないでしょうか。

では、どうすれば良いのでしょうか?

人にとっての幸せ。仕事を通して、それを実現することができる。これから伸びることができるのはその喜びを社員に与えられる会社です。

その喜びを感じながら仕事をする社員ばかりになれば、間違いなく業績にも反映するはずと思います。

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告