勝手にやった残業は残業にならないのでしょうか?

困った表情のビジネスマン

なんで君の練習に金を払わないといけないんだーーバイトの練習は「仕事」じゃない?

を読みました。

アルバイトの人に包装の練習を休日に命じたら、それが仕事に当たるかどうかという問題です。

この記事では、

会社から『業務命令』を受けてする練習は『仕事』になります。仕事なら当然、その分の報酬を、会社が支払わなくてはなりません」
——ポイントは「自由参加」かどうかですか?
「そうですね。

と書かれています。

やっていることは仕事の「練習」ですから、本人の意思で「自由に練習をしていた」のであれば、それは仕事にはあたらない。というのは誰でも納得できると思われます。

では、本人の意思で「自由に仕事をしていた」場合はどうなるでしょうか?

これもいくらでもありますよね。上司に無断で居残って仕事をしたりすることは。

そういうときは、上司は命じていないのだから、それは残業として扱わなくて良い。と思っている人が多いのではないでしょうか。

かつて、私の職場でこの議論が出たときに、私は労働基準監督署に、「社員が勝手に残って仕事をしている場合は、残業として扱わなくて良いでしょうか?」と聞いてみたことがあります。

そのとき、労働基準監督署の監督官はこう言いました。

いいですよ。その代わり、仕事の成果は受け取らないでくださいね。

これ、言われてみれば、実に当然な理屈です。

包装の練習をするアルバイト氏の例で言えば、包装の練習をして、その後はその包装紙は剥がして捨てたとすれば、仕事の成果物は発生しないので、純粋に練習をしていたに過ぎないといえるでしょう。

その場合は、これは仕事とはみなされないので報酬は必要ありません。

でも、包装の練習ではあったとしても、せっかく包装したのだからこれは商品として使おうということになったとしたら、「仕事の成果物」が発生し、それを会社が受け取ったということですので、報酬が必要となるということです。

この考え方はとても重要です。

広告
レクタングル(大)広告

いざというときのための、仕事の成果物という証拠

もし、あなたが不当なサービス残業を強いられていて、正規な残業代を請求したい、もしくは訴え出たいと考えているのであれば、働いた時間の記録だけでなく、この「仕事の成果物」の証拠をキッチリと残しておくことをお勧めします。

「仕事の成果物」は、なにも包装された商品だけではありません。

あなたが書いた報告書、上司に送ったメール、作成した見積書。すべてそうです。

最近では、多くの「仕事の成果物」がパソコンで作成されますので、これらがいつ作成されたか、いつ送信されたかは、自動的にパソコンの中にタイムスタンプや送信日時として記録が残ります。

この記録がとても重要になります。

もし、パソコン上ではない仕事であれば、自分で記録を取るようにしてください。何月何日何時にどういう仕事をしたのか。

タイムカードや出勤簿だけでは仕事をしていた証拠にならないと言われても、実際の成果物をその日時に作っていたということが証明できれば、強力な証拠になります。

そんなことが必要になるような職場に、あなたがいないことをお祈りしますが、基本的な考え方は知っておいて損はないと思います。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする