SPI試験とは何ですか? その対策はどうすれば良いですか?

1eff8abfff3999332e84f325ec03f43b_s

就活中の学生さんと話すと、非常にSPI試験というものを気にしておられる人が多いです。

「就活はSPIが第一関門」とか、「SPIが通らないと面接にも呼んでもらえない」などの記事がネットに載っているのも目にします。

このSPIなるもの、一体どんな試験なのでしょうか? そしてその対策はどうすれば良いのでしょうか?

広告
レクタングル(大)広告

「SPI」はリクルートの商品名です。

まず、SPIというのは一般名称ではなく、リクルートが出している商品名です。採用をする各企業はこれを購入して、学生にやらせているのです。

もちろん、商品ですから、似たようなものを人材系の各社が発売しています。採用試験を受けると、SPIと言わず、「適性検査」とか「性格検査」とかの名称で似たような試験を受けさせられることがあると思いますが、目的は皆似たようなものです。

先日、ある就職サイト会社の人に聞いたところ、実際にSPIそのものをやっている企業は半数程度で、その他の企業は他の適性検査をやっていると言っていました。

SPIを実施する目的は基礎的な性格と能力を測るため

企業は面接だけでは十分に分からない受験者の性格や能力を把握するために、このような試験を行います。

商品によって多少違いますが、この試験で分かるのは、内向的、外向的、積極的、消極的等の基本的な性格、どのような職種に適性があるか、頭の良さ(知能指数)などです。

商品によっては、ストレス耐性や、不祥事を起こしたり、すぐに退職したりという傾向がないかというような尺度が出てくるものもありますが、これはちょっと特殊なので新卒採用ではあまり使わないと思います。

このように、SPIは学校の定期試験のように、ある内容についてどれだけ勉強してきたかを測るものではありませんので、基本的に一夜漬けで何かを憶えて点数がもらえるというような試験ではありません。

あなたの地頭の良さとか、基本的な性格とか、そういうものなので、基本的に、直前に何か対策をして結果がどうなるというものではないのです。

対策本で勉強しても効果がない

販売元のリクルートは、その商品説明の中ではっきりとこう言っています。

受検者が「対策本」を利用して短期的な事前学習を行った場合も、
能力検査の得点にはほとんど影響がないことを実験により確認しています。

自分をよく見せようとするとバレる

また、性格検査では、良い結果になりそうな選択肢を選べば良い結果になるのではないかと思う人もいるかも知れませんが、これについてもこう言っています。

多くの質問に回答させることによって、よく見せようとする傾向がすべての質問に影響を与えないようにしています。
(中略)
受検者の回答傾向に矛盾がないかなど、よく見せようとする傾向をチェックする新ロジックを導入しています。

何度も受けても点数は良くならない

企業の側にしてみれば、非常に売れている商品ですので、学生は多くの企業の採用試験を受けることで慣れてしまって、本来の結果が出ないのではないか?と心配もするのですが、その心配もないと言っています。

複数回受検した場合でも、出題形式や回答の仕方にある程度「慣れ(心構え)」がうまれる程度で、得点に大きな差が生じるなど実用上の問題はありません。

ということなのです。

こういうことを言われると、対策をしても仕方なさそうな感じですよね。

では本当に事前の対策は何もしなくて良いのでしょうか? やっても全く無意味なのでしょうか?

私はそうでもないかなと思っています。

慣れることは有益。でもあまりそれに時間を取られないように。

SPIという試験は、受けてみるとかなりハードです。時間が足りなくて全部回答出来なかったということも多いようです。

そんなハードな試験を、本番の就職試験で初めて経験するのはやっぱり無謀でしょう。

対策本や問題集、また模擬試験などで、どのような問題が出るのか、あらかじめ経験しておくことは、「慣れる」という意味で決して無駄ではありません。

もちろん、上に書かれているように、そのことが直接点数に結びつくことはありません。しかし、ただでさえ緊張する採用試験の場で、あらかじめ慣れておけるものがあるならば、慣れておいた方が良いということです。

ただ、SPI対策にあまり時間とエネルギーをかけすぎるのは得策ではありません。

その時間とエネルギーがあるならば、その分を自己分析や企業研究に注いだ方が良いと私は思います。

では今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする