好きなことをやるのが一番世の中の役に立つ

PAK85_oyakudachisimasu20140830500

採用面接をしていると、学生の皆さん、非常に立派な志望動機をおっしゃる。

ほとんどの学生が、「社会に貢献」したいと言う。

ぜってー嘘! とまでは失礼だから言わないが、本当に本心ですか? と言いたくなることもしばしばある。

私が就職活動していた時には、社会に貢献しようなどと思って就職先を探してはいなかった。
動機はただ一つ、「自分の好きなことができそうかどうか?」
それだけだった。

一生の多くの時間とエネルギーを費やす仕事なのだから、まずは自分が幸せになることを考えるべきなんじゃないのか?
そのためには、自分がやりたいことを実現することが一番大事なんじゃないのか?
それがアタリマエだと思うし、私はそれで良いと思うのだが・・・。

「社会に貢献したいです!」

と立派なことをおっしゃるのは、失礼ながら自分のやりたいことが分からない人が、志望動機を何か言わなくちゃいけないとなったときに、頭で考えて出てくる言葉に過ぎないように感じる。

学内説明会で時間に余裕があったとき、こんなたとえ話をしたことがある。

・・・

皆さんの好きな人、例えばスポーツ選手でもいい、歌手でもいい、作家でもいい。
誰か一番好きな有名人を思い浮かべてみて下さい。
その人がその仕事を何故やっていると思いますか?
「世の中の役に立とう」と思ってやっているでしょうか?
私は違うと思う。
「それをやることが好きだから」
それだけです。

私は仕事を選ぶと言うのはそれでいいと思います。
自分が一番やりたいこと、好きなことをやる。
それがその人が一番力が発揮できることです。
一番力を発揮できると言うことは、結果として一番世の中の役に立つのです。

歌手は自分の歌いたいと思う歌を歌っているだけです。
それが世の中のどれだけ多くの人を救っているでしょうか?

「好きだ」と感じると言うことは、神様から「お前はそれをやれ」と命じられていることではないでしょうか。

・・・

もちろん、実際はここまで格好良くまとまって言えてはいないのだけど。(笑)

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

広告
レクタングル(大)広告