面接の逆質問はどんなことを聞けば良いでしょうか?

面接についてのよくある質問の一つです。

面接の最後に、

「では、あなたの方から何か質問はありますか?」

と聞かれることがあります。

このとき、何も質問しないと志望度が低いと思われるというのは、まあその通りなのですが、では、何を聞くのが良いのでしょうか?

広告
レクタングル(大)広告

模範的な質問は逆効果

まず、よく逆面接に関するアドバイスとして、「こんなことを聞いた方が良い」という模範例のようなものがありますが、これを見てその通りの質問をすることは止めましょう。

そういう模範例は、多くの学生が見ていて、同じ質問をします。

面接官は、そういう質問が来ると、

「またか。。。」

と感じるだけです。

あなたに対する評価は、無難な対策をする学生であるというだけで、決して良いものにはなりません。

では、どうすればいいかと言うと。。。

あなたの聞きたいことを聞けば良いのです。

「え?でも聞いちゃまずいこととかあるんじゃないですか?」

という声も聞こえてきそうですが、そんなことはないのです。

例えば、残業や休日に関すること、給料に関するなど、聞いちゃまずいんじゃないかと思うようなことは良く言われるかと思うのですが、何故、それを聞くとまずいとされていると思いますか?

それは、企業が聞かれたいと思っていない可能性があるからです。

では、何故、企業はそういうことを聞かれたいと思わないのでしょうか?

つまり、企業としては後ろめたいことがあるからです。

残業や休日出勤が実際には多いからです。

あなたがその企業に入ったら、間違いなく、多くの残業や休日出勤をさせられる企業だということです。

ちなみに、私が人事をやっていたときには、むしろ残業について聞いてもらえることを密かに待っていました。

何故なら、以前色々あって労基署の是正勧告を受けて、かなり痛い目を見てその後に法的に完璧な制度に改善していたからです。

法律を守るのは当たり前のことなので、説明会などでドヤ顔で言うのは避けていたのですが、学生さんの側から質問してくれるのをむしろ待っていたんんです。

まあ、そんな企業は少ないでしょうが、私が言いたいことはつまり、

あなたが聞きたいことを聞いて気まずいムードになるような会社であれば、入社した後も上手く行かない

ということです。

まとめとしてもう一度言うと、

・マニュアル通りの模範質問はしない

・自分が聞きたいことを聞けばいい

です。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする