内定者が語る面接の必勝法は、「ありのままで」

私が仕事をしている大学のキャリア相談室には、内定した人が後輩のために選考過程を記録して残す「内定報告書」というものがファイルされています。

また、年に何回か、内定した4年生の中から何人かに依頼して、これから就活する3年生に就活の体験談を語ってもらう会も催しています。

そうした中で、いつも私が感じるのは、見事内定を得た人には、ある共通点があることです。

それは何でしょうか?

多くの内定者が言うのは、

「面接では自分の言葉で」

「自分のありのままを出してください」

などです。

これを聞くとどう思うでしょうか?

「それはそうかも知れないけど、そんなことは難しい」

と思う人が多いかも知れませんね。

では、何故、あなたはそう思ってしまうのかを、ちょっと考えてみてほしいのです。

自分の言葉で言えない、ありのままが出せない。

これはつまり、自分に自信がないということですよね?

自分に自信がないから、自分を飾ろうとする、自分を良く見せようとする。

すると、面接官の目に映るのは、本当のあなたではなく、飾ったあなた、仮面をかぶったあなたです。

面接官は人を見るプロではありますが、仮面の下まで見通せる超能力者ではありません。

面接官がわかるのは、「あ、この人は仮面をかぶっているな」ということです。

そう思えば、そんな状態では受かるわけがないということはわかりますよね。

では、どうすれば、自信を持って、ありのままのあなたを出すことができるようになるのでしょうか?

じつは、上に挙げたようなことを言う内定者の先輩も、最初からそのようにできたわけではありません。

中には、最初からすごく自信があって、自分を出し切ることができて、すんなり第一志望に内定する人もいますが、それはごくわずかです。

大部分の人は、何度も面接に失敗し、その経験から、この結論にたどり着いたのです。

自分の言葉で語れば良かったんだ。

ありのままを出せばいいだけだったんだ。

あとから振り返ってそう思うから、後輩たちにそれを伝えようとしてくれていたのです。

「自信がありません」

そういう学生さんは少なくありません。

何もしていないなら、自信などあるはずがありません。ある方が不思議です。

あなたがこれから就活を始めるのだったら、自信がないのは当たり前。

では、それを自信があるようにするにはどうすれば良いか。

それは行動して、経験していくことです。

「就活は行動がすべて」

とは私が良く言っていることですが、それは、

行動すれば、経験できる

経験できれば、自信ができる

自信ができれば、受かる

からです。

今は自信がないあなたで大丈夫。

最初は面接が上手くいかないのも当たり前。

でも、あなたは経験して成長できる存在です。

おそれずチャレンジして、どんどん経験してください。

そして、自分の言葉で、ありのままのあなたを話せるようになったとき、

あなたの姿は、面接官からもとてもキラキラとして魅力的に見えているはずです。

では、今日はこのへんで!

◆先着3名さま無料で就活相談!◆

◆無料で就活相談受付中!◆

スキルクラウドでサービスリリースを記念して、先着3名さまに限り、無料で就活相談を受付中です!

下記をクリックしてください。

その他|資格・就活|就活・転職・キャリア・なんでもzoomでお気軽に相談ください 人事歴15年、就活・転職支援5年の経験で、就活・転職に関するあらゆるご相談に親身に対応します。・面接対策、模擬面接・履歴書、職務経歴書、エントリーシートなどの添削・その他専用ルームでのやり取りとzoomで行います。|スキルシェア・スキルマ…
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告