人生、頑張っている場合ではない。

a1150_000851

一流になる人たちというのは、ほとんど必ず、疲れを知らず、淡々と何かに取り組むことができます。なぜなら彼らは「努力を努力と思わず、努力そのものが楽しい」からです。純粋にそのことに「熱中」しているから、頑張る必要がないんですね。
「頑張る」人は一流になれない

頑張っちゃいけないということではない。

でも、頑張ってやらなくちゃいけないうちは、頑張らずにやれちゃうヤツには勝てないよということだ。

誰の言葉だったか忘れたけれど、

「天才とは、蝶を追っていたら山頂に着いてしまった少年のことである」

というのがあった。

頑張ること、努力することが大事だと勘違いしている人がいる。

頑張らなくてもできること、それが楽しくてやれと言われなくても自分からやりたいこと。

そこにきっと、自分の人生でやるべきことがある。

そうじゃないことに、頑張っている場合ではない。

好きなことをやらなくちゃいけない。

というのは、きっと、そういうことなのだと思うのだ。

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする

【広告】
レクタングル(大)広告