6月が過ぎて、これからが就活の最大のチャンスである2つの理由

Road that says start in the asphalt

大手企業の採用活動が表向き始まると言われる2016年6月が過ぎようとしていますが、あるサイトにはこのように書かれていました。

6月に内定のピークを迎えるが、そこで内定辞退される企業が出てくる。
これは大手や有名企業でも起こる。
現にそうした企業から数社もらっている就活生も少なくないからだ。
となると、大手・有名企業でも二次募集が出てくる。
就活リスタート、というチャンス(大学のキャリアセンターという現場から見る、今年の就活状況)|元人事・今大学キャリアカウンセラーが語るキャリア(就活・転職)・セラピー・日々のあれこれ

第一志望だった大手企業から内定をもらった学生は、持ち駒としてキープしていた他の企業の辞退を始めるので、採用枠に穴が空き、多くの企業では二次募集を始めざるを得ないということです。

また、これからの就活は、今までと違って有利な状況も出てきます。というのは、

【広告】
レクタングル(大)広告

企業が焦り始めて選考基準がゆるくなる可能性がある。

ということです。

企業にしてみれば、長く採用活動を続ければ続けるほどコストもかかりますので、できるだけ早く予定数を採用して採用活動を終わりたいのです。

したがって、今までより選考基準をゆるくしたり、選考過程を早めたり(具体的には面接回数を減らすなど)する企業が出てきます。

受験者にしてみれば、今までより受かりやすくなる可能性が出てくるということです。

それにもまして、私がこれからの就活で良いと思っていることは、

改めて就活の軸を見直す良いチャンスだから

です。

第一志望の企業に落ちたあなたは、併願していたその他の企業の選考を続けたりすると思いますが、場合によっては、業界や職種に対しての考えが浅く、それが不合格の理由になっていたり、希望する業界や職種の軸が狭すぎたとか、違っていたんじゃないかとか、思っている人もいるのではないでしょうか?

そのように気づいているとしたら正解です。今がもう一度軸を定め直すチャンスです。

  • 志望する業界や職種の研究が不十分ではなかったか?
  • 志望する業界や職種は、本当に自分がやりたいことや自分の適性と合っていたか?
  • 志望する業界や職種の範囲が狭すぎて選択肢が少なくなっていなかったか?
  • 高望みして有名な企業ばかり狙いすぎていなかったか?

について、再度考えなおしてみましょう。

まとめ:焦る必要はないが、しっかり足元を固めてリスタート

まだまだ、多くの企業で採用は続きます。

だから焦る必要はありませんが、これからの時期からが本番と思って、今度こそ間違いのない軸を定めてリスタートしましょう。

これからのあなたは、就活初心者ではありません。

エントリーシートも、面接も、まだまだこれからやらなくてはいけませんが、既に多くの経験値を積んでいるのですから、今までのあなたとは違うはずです。

自信をもって、リスタートしましょう!

では、今日はこのへんで!

◆先着3名さま無料で就活相談!◆

◆無料で就活相談受付中!◆

スキルクラウドでサービスリリースを記念して、先着3名さまに限り、無料で就活相談を受付中です!

下記をクリックしてください。

その他|資格・就活|就活・転職・キャリア・なんでもzoomでお気軽に相談ください 人事歴15年、就活・転職支援5年の経験で、就活・転職に関するあらゆるご相談に親身に対応します。・面接対策、模擬面接・履歴書、職務経歴書、エントリーシートなどの添削・その他専用ルームでのやり取りとzoomで行います。|スキルシェア・スキルマ…
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする