リクルートスーツは就活の戦闘服だと思ってだまって買うべし!

オフィス街でリクルートスーツを身にまとって就職活動をする学生が目立つようになってきた。今年は「リクルートスーツが売れるタイミングが前倒しになっている」(AOKI横浜港北総本店の丹治貴史副店長)という。大…

という記事には、

もはや、リクルートスーツはアイテムも含めて、「制服化」しているといってもいい。「就活スタイルそのものがより画一化してきている。社会人の入門編となるスーツとなると、黒いスーツ、白いワイシャツ、ストライプ柄のネクタイという形」と、AOKIの諏訪健治専務執行役員は語る。

と書かれていました。

【広告】
レクタングル(大)広告

これから買うならスーツ屋でオススメをまとめて購入

学生さんの相談の中でも、「スーツは黒じゃなきゃいけないでしょうか?」などと聞いてくる人が多いですが、これから購入するなら、何も考えず、オーソドックスな黒にしておきましょう。

シーズンならスーツ屋さんで「フレッシャーズコーナー」などと言って、スーツ、シャツ、靴、バッグなどをセットで安く揃えていると思います。

それを買ってしまえば一番簡単で、一番間違いがないです。

誤解してほしくないのですが、私は、「就活のスーツは黒でなくてはいけない」などと主張するつもりは全くありません。

むしろ、結果として失礼な装いにさえなっていなければ、黒じゃなくてもグレーでも紺でも何でも良いと思っています。

ただ、ほとんどの学生が黒を選んでいる現状の中で、

敢えて違う色を買って不安がることは馬鹿らしい

ということです。

だって、あなたが企業に見てもらいたいのは、あなたの中身であって、包装紙ではないのですから。

そして、就活では他に悩まなくてはいけないことが山ほどあるのですから。

リクルートスーツは、工事現場でヘルメットをかぶるようなもの、船に乗るときライフジャケットを身につけるようなものです。

ファッションのためのものでもなく、あなたを主張するためのものでもなく、戦闘服なのだ!と思えばよろしいということです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする