「クールビズでご来社ください」と言われたのですが、どうしたら良いですか?

熱中症の会社員

夏場に就職活動をする人の悩みの種が服装です。

最近は企業でも「クールビズでご来社ください」というところが多くなっていますが、そう言われていた場合、どんな格好で行けばいいのでしょうか?

【広告】
レクタングル(大)広告

本当にクールビズなのか心配なら下見しよう

「クールビズで」と言われていたのに、行ってみたら、もしかしたら、他の受験者は全員上着もネクタイもしていた!とか、社員の人が全員きっちり上着もネクタイも付けてた!なんて事態にならないか、心配になりますよね。

そういう心配がある場合は、選考日の事前に、一度会社の前まで行ってみて、そこの社員がどんな格好をしているか、見に行ってみるのが良いかも知れません。

でも私がかつていた会社の場合は、こんなふうにしていました。会社によって違うかもしれませんが、こんな会社もあるんだということで聞いてください。

ちゃんとクールビズをやっている会社もある

クールビズの季節になると、玄関に「クールビズ実施中!」のポスターを貼ります。

そして、選考を受けに来社する方には、あらかじめ案内メールに、

当社はクールビズを実施中です。
面接官もクールビズで対応させて頂きますので、どうぞクールビズでご来社ください。
具体的には、上着とネクタイは必要ありません。

と書いておきます。

純粋に、この暑い中、来て頂く方に無駄な負担や心配をして頂きたくないという気持ちだけです。

もちろん、クールビズで来た人にマイナス評価をするなんてこともありません。

でも中には、クールビズでいいのかと疑う受験者さんもいます。

そうは言われていてもやっぱり、ネクタイしないとマイナス評価になっちゃうんじゃないかと心配になる心理は分からないではないですが、そういう人を見ると正直、悲しくなります。こっちは嘘を言っていると疑われていたということですからね。

もちろん、自分を疑っていた人を採用したいと思うはずはないですね。

もしかしたら、世の中には、クールビズと嘘を言って受験者を試すようなことをする会社もあるかも知れません。

でもそんな会社があったとしても、受験者を試すためにだますような会社にあなたは入りたいですか?

そういう会社はそれだけではなく、他のことでも社員や世の中をだますようなことをしているのではないかと、私は思います。

私がいた会社のように、本当に受験者を気遣ってクールビズと言っている会社もあるのです。

もっと、素直に会社のいうことを信じて頂いて良いと思います。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする