就活でリクルートスーツを着るのは有効な戦略であるという3つの理由

24cb00d73e3a52cb84568d8f057dd874_s

意外に思われるかも知れないのですが、この記事では、元人事採用担当者の私が、就活をするにはリクルートスーツを着た方がお得ですよという話をします。

私がリクルートスーツをお勧めする理由は次の3つです。

それは決して、リクルートスーツが社会人として相応しい格好だからということではないんです。

【広告】
レクタングル(大)広告

リクルートスーツを着ていることでマイナス点にはされない

リクルートスーツは黒一色で、誰も彼も同じ格好で画一的で、というファッションとしての面白く無さは誰もが認めるところでしょう。

でも、これをキチンと着てさえいれば、決して失礼ではないし、企業に対するマナーは十分満たしています。

つまり、リクルートスーツを着ていることでマイナス点にされることはないのです。

リクルートスーツが嫌だからと、好きな色や形のスーツを選んでも、全然悪くはありませんが、あなたと面接官の趣味が合う保証は全然ありません。

場合によっては、マイナス点をつけられるリスクがあります。

誰も彼も同じであるリクルートスーツを着てさえいれば、あなただけマイナスになるリスクは避けられるのです。

それが面白い、面白くないの問題ではありません。不要なリスクを排除することは、何をするにも重要な戦略なのです。

リクルートスーツを着ていれば面接官は中身を見てくれる

「外見ではなく中身を見て欲しい」という人は、むしろその人の方が外見を気にしていると私は思います。

外見を見てほしくないのであれば、相手が見た目に囚われないようにするべきです。

誰も彼もが同じリクルートスーツであれば、面接官はあなたの外見を気にしなくなります

結果として、見るべきところはあなたの中身だけになるのです。

これこそ、あなたが一番求めていたことではないでしょうか?

余計なことに神経を使う無駄が無くなる

リクルートスーツを着ることが就活の戦略上有利であることがわかったならば、もうあなたは余計なことに神経を使う必要がなくなります。

オーソドックスなリクルートスーツをキチンと着てさえいれば良いのです。

就活には、他にもたくさんやらなくてはいけないこと、考えなくてはいけないことがあります。

少しでも、やらなくて済むことはやらずに済ませましょう。

その目的のためにも、リクルートスーツで就活をするのは良いことだと思います。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする