面接後のお礼メールであなたの合格率は間違いなく上がります

「面接の後にはお礼のメールをした方がいいでしょうか?」

たまにこんな質問があったとき、私は今まで、積極的に「出すべき」という回答はしていませんでした。

出すに越したことはないけれど、出したとしてもそんなに効果はないと思われたからです。

でも先日、希望の企業に内定をもらったという学生の一人が、

「面接後には必ずお礼のメールを出していました」

と言うので聞いてみると、彼はただのお礼メールを出していたわけではなかったのです。

ネットを探せば、企業へのメールの例文などは山ほど出てくるでしょう。

彼も最初はそんな例文を参考にしていましたが、彼が違ったのは、必ず面接での相手のやり取りの内容について書いていたこと。

「誰それさんにこう言っていただいたのがとても良かったので志望度が高まりました」

というようなことを必ず書き加えていたのです。

企業の採用担当者も人間です。

自分が気合入れてやった仕事のことをちゃんと憶えていて、それを良かったと言ってもらえてうれしくないはずはありません。

それに、そのような一言を書くことで、この受験者にとっては、その企業が何社も受けている中の一つではなく、「必ず入りたいこの1社」であることも伝わります。

もちろん、採用試験はこのようなメールが来たからと言って、それだけで合否を決めるわけではありません。

でも、多くの受験者が来る採用試験では、「どっちもいい人なんだけどどちらに決めようか?」という場面が結構あります。

そんなときに、ちょっとしたことで差がつくことになるのです。

その「ちょっとしたこと」が、お礼メールだったりもするのです。

就職というのは、結局は人と人の縁です。

そして、人と人を結ぶのは、ちょっとした心がけの積み重ねなんですよね。

それができて内定を得た彼は、ここで学んだことをきっと社会人になってからも活かして伸びて行く人だと思います。

私は、彼が良い営業マンになる姿が目に見えるような気がします。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告