就活でプレエントリー数は出来るだけ多い方が良いのでしょうか?

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

3月になって就活が本番となった今、学生さんの就職相談で良く聞かれる質問のひとつです。

今日はこれについての私の考えを書いてみます。

【広告】
レクタングル(大)広告

プレエントリーの数は確かに可能性の多さにはなる

プレエントリーの効果とは何でしょうか? それは、あなたの存在を企業に知らせることが出来るということです。 それ以上でも、それ以下でもありません。

では、あなたの存在を知らせてもらった企業は何をするかというと、これはもう企業によって様々です。

プレエントリーした学生に自社の説明会や選考会の案内を一斉に出す企業もあるでしょうし、何らかの条件(それは学校とか性別とか・・・良い悪いは別として)で抽出した人にだけそのような案内を出すとか、場合によっては、何もしない企業もあります。

プレエントリーを多くすれば、そのような案内が届く可能性は確かに多くなるでしょう。

その意味では、多くのプレエントリーは全く無駄ということはありません。

では、そのような案内をもらったあなたはどうすれば良いのでしょうか?

プレエントリーしただけで就活した気になるな

企業から案内メールが来たら、今度はあなたがそれに答えて、説明会や選考会に出かけなくてはいけません。

それをやらない限り、いくらプレエントリーをしても全く役に立ちません。

プレエントリーは、それだけでは就職活動とは言えません。就活とはあなたが動くこと

パソコンやスマホでポチポチやっているだけで、就活をした気になることだけは絶対ダメですよ。

結局はあなたがどれだけ実際に動けるかということ次第

さて、実際に企業に行くという行動をするとなると、自ずと限界が生じます。

時間的、経済的、体力的に、限界以上の行動は、どうあがいても出来ません。

その意味で、プレエントリーは、多ければ多いほど良いというものではありませんね。

どれだけプレエントリーをしておけば良いかということの答えは、要はあなたが実際に動ける数だけ。ということになります。

まとめ:不安ならたくさんやっておけば良い

多くの企業にプレエントリーすることは決して悪くはありません。

たくさんプレエントリーしておかないと不安だというのであれば、不安を拭うためにたくさんすれば良いです。

でもそのうち、自然と、こんなことやっても無駄だと気づく時がやって来るでしょう。

「プレエントリーは多ければ多いほど良いのか」の答えは、あなたが分かってくるにしたがって自然に分かってくることだと思います。心配する必要はないです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする