何故企業は「素直な人」を求めるのでしょうか?

就活生を悩ませることの一つが、面接や説明会での「何か質問はありますか?」という問いではないだろうか。「ありません」と返すのもアピール不足のような気がするし、だからといってどんな質問をしたらよい印象を残せるのか...と、頭を抱えている学生も多そうだ。

という記事にあるように、企業は確かに「素直な人」を求めています。

でも、「素直な人」っていったいどんな人なのでしょうね?

何故、企業は「素直な人」が欲しいのでしょうか?

上の記事の中には、

会社によっても、もしかしたら人事担当者によっても、「素直さの定義」は異なるかもしれないし、環境の変化や他人の意見などを受け入れる素地をもっている人をいうのかもしれない。

と書かれていました。

私の考えを書いてみます。

素直な人が良いのは成長できる人だから

「素直な人」というと、上の記事にもあるように「他人の意見などを受け入れる」というイメージを持つ人が多いと思います。

私もそんなところだろうと思います。

では、何故企業はそんな人を求めるのか?

これから部下となって働いてもらう人だから、反抗的な人より、言うことを聞く人の方が使いやすいからでしょうか?

確かにそういう面はあるでしょうが、私は「素直な人」を企業が求める理由は、「素直な人は成長するから」だと考えています。

自分の考えが一番だと思い、他人の意見を取り入れようとしない、そういう人は今の自分のまま変わらないですよね。

新卒の新入社員は、企業にとっては、まだ「原石」や「素材」の段階です。

企業は、最初っから「完成品」を買ったとは思っていません。

これから教育し、叩き上げ、一人前になって行って欲しいと考えています。

そういう人が、「自分はもう変わる必要はない。変わりたくない」だったらダメですよね。

上司の言うこと、先輩の言うことをよく聞く人は、それを取り入れて自分のものにしようとする人です。

そういう人は、変わることができる人、どんどん成長することができる人です。

企業はそういう人を求めているというのは、すごく当然のことですよね。

あなたも、成長したいと思っているはず。

だったらまだまだ固まらずに、「素直な人」になってみませんか?

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする