就活での他の学生は、決してあなたのライバルではないという理由

まず、このツイートを見てください。

どう思いましたか?

「うん、そのとおりだよなw」

と思ったでしょうか?

今回は、決してそんなことはないのですよという話です。

【広告】
レクタングル(大)広告

入社試験は相対評価ではないのです。

上のツイートをした人は、

「企業は来た学生の中で良い方から何人か採用する」

という方法を取ってると思っているようです。

でも、これは違います。

もし、あなたの他に受験する学生がいなくても、あなたが合格の基準に達していなければ、やっぱり落とされるのです。

何故か?

当然のことながら、仕事ができない人間を採用するわけには行かないからです。

あなたが合格できるかどうかは、他に受験者がいるかどうかではなくて、あなたが企業が求める基準に達しているかどうかなのです。

ただ、受験者が多い場合は、もちろん、ポイントの高い人の方から採用されます。

募集人数より応募者数が多い場合は、その中での競争になることは当然です。

やるべきことは自分を磨くことだけ

応募者が少なくて競争率の低い企業を受ければ受かるとも、一概に言えない理由がそういうことなのです。

あなたが良い人でなければ、どこに行っても受かりません。

当然ですけどね。

だから、就職を成功させる方法は、ライバルがどうこうではなく、

そんなことを気にするよりも、自分をいかに高められるか。だけなのです。

人のことを気にする必要はありません。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする