合同企業説明会は、「人事の動物園」説!?

2年前(2016年)の記事なのですが、

常見陽平(以下、常見):2017年度採用においては、また就活時期が変更になります。今里慎作(以下、今里):経団連の「採用選考に関する指針」はその典型だと思いますが、あのルールってあくまで大人の事情であっ…

の中に、こんなことが書いてあったのが、今でも印象に残っています。

人事のひとたちを観察するだけでもすごくためになるはずですね。言うなれば、人事の動物園(笑)。

そこまで言っちゃっていいのか?(笑)

とは思いますが、私はこれ、当たってるなと思うのです。

【広告】
レクタングル(大)広告

合同企業説明会は会社のカラーを比べられる絶好の場所

就活を始めて、いきなり、どこかの企業を訪問すると、「ああ、会社ってこういうところなんだな」と思ってしまいがちです。

でも、それはその会社が、そういう雰囲気だというだけのことで、他の会社に行けば、全然違う雰囲気の会社もあるわけです。

その当たり前のことが、いきなりどこかの企業を訪問したらわからない。

そういう意味で、私は合同企業説明会に行ってみるのは有効かと思います。

合同企業説明会は、非常に多くの企業がブース形式で、お祭りの屋台のように並んで自社のPRをする場所です。

企業それぞれが、目立つような装飾を凝らしたり、アピールしたいキャッチフレーズをディスプレイしたりしていますが、一番大事なのは、そこにいる人です。

見た目だけでも、若い見た目の良い人が元気に話している企業や、逆に、くたびれた中年のおっさんが座っているだけの企業もあります。

合同企業説明会は、会社の第一印象を持ってもらう場だと理解している企業なら、それなりに印象の良い人材をそこに持ってくるはずなのですが、それができている企業もあれば、そうでない企業もある。

こうしたことを見ていくだけでも、その企業の社風、というか雰囲気は、およそ感じ取ることができますよね。

そうした感覚的なものって、意外と当たるものなのです。

合同企業説明会に行ってみると、本当に企業のカラーってこんなにもそれぞれ違うんだなと実感すると思います。

それを感じたら、自分に合うカラーの企業はどんな企業なのか?を見つけていけばいいのです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする