就活スーツの印象を決める、一番大事なポイントとは?

就活用にリクルートスーツは買ったものの、スーツ自体慣れていないし、どんなところに気をつけて着こなせば良いのか、イマイチわからない。

という人は多いと思います。

今日はまず、そんなあなたに役立つ良い記事があったので紹介します。

ぜひ、読んでみてください。

「クールビズが当たり前の時代、就活生だってガチガチのスーツを着なくてもいいのではないか?」、「そろいもそろって、黒いスーツを着る必要なんてないでしょう」、「漫画『カイジ』の帝愛グループの黒服にしたい…
【広告】
レクタングル(大)広告

細部のツメが甘くないか?必ずチェック!

さて、この記事の最後の方に、着こなしにおいて大事な「細部のツメ」としてこんなことが書いてありましたので、引用します。

・シャツの衿が、ベロンと反り返っている。
・ジャケットのフラップ(ポケットについたフタ)が、ウインクしたように片方だけ中に入っていて、片方は外に出ている(フラップは出すか、しまうか、どちらかに)。
・ネクタイの締め方が緩く、くたびれたおじさん感を醸し出してしまっている。
・靴が黒なのに、ベルトが茶色でそろっていない。
・ジャケットのセンターベントや、サイドベンツの“しつけ糸“を、そのままにして着ている。

これらは、私も長年面接官をやっていて、実際によく見る例でした。

これらは意識さえすれば、簡単なことですので、「細部のツメが甘い」就活スタイルになっていないように気をつけましょう。

特に、男子に時々見られるのは、ネクタイが緩んでいる人や、そもそもちゃんと結べていない人です。

鏡を見れば気づくことのはずなのに、そのままにしてしまっている人は、はっきり言ってイタいです。

ネクタイの結び方に自信がない人は、一度、お父さんなど慣れている社会人の人に教えてもらってください。

そして、面接の前には必ず鏡を見て、ゆるんでいたり、曲がっていたりしていないか、チェックしてください。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする