就活で大量にエントリーしても大量に落とされるだけになる理由

就活で自殺。このフレーズだけ見ると、「どんだけヤワなんだ」と言いたくなるかもしれない。だが、このデータを見ても同じ感想を得るだろうか。学生は1社内定するまでに、平均13社落ちるのだ。

という記事がありました。

「学生は1社内定するまでに、平均13社落ちるのだ。」

と書かれていますが、「大量エントリー」をしている限り、これは当然です。

今日はそのわけを少し具体的に見てみましょう。

簡単にエントリーできることは採用されやすいということではない

就活をするにはリクナビ、マイナビなどの就活サイトを使うことはもはや必須ですが、そこでは、気になった企業にクリック一つでエントリーすることができます。

100社くらいにエントリーすることはいとも簡単にできてしまいます。

学生が簡単にエントリーすることができるようになっているのは、就活サイトの顧客である企業が簡単に「母集団」を得ることができるようにするためです。

「母集団」とは、新卒採用の業界でのちょっと特殊な用語なのですが、採用選考をする学生をまず多く集める。その集まった学生を「母集団」と言います。

採用担当者は、採用シーズンの中でいくつかの指標を気にしながら採用をします。

それは内定者数であったり、内定辞退者数であったり、訪問学校数であったりするのですが、採用の初期段階でまず大事な数字がこの「母集団」の数です。

「母集団」が多ければ多いほど、企業にとっては採用するための選択肢が多くなるので、良い人材を必要数確保する可能性が高くなるからです。

採用される人数は決まっています。

企業が「母集団」を多く求めるのは、多く採用するためではなく、多く集めた方が良い人材に巡り会える可能性が高くなるからです。

だからエントリーをしやすくしてハードルを下げているのです。

ここのところが大事です。

これを学生の側から見た言い方に変えれば、

エントリーは簡単だけれど、それは決して採用されやすいということではない。

ということをまず理解しなくてはいけないということです。

エントリーしただけではまだスタートラインにも立っていない

エントリーができると、それで第一段階進んだ感じになってしまいます。

エントリーしたというのは、企業にとってはどういう状態かというと、

「あなたの存在を企業に知らせる」

ということです。

それ以上でも以下でもありません。それだけなのです。

リクナビやマイナビでエントリーすると、その後どうなるのでしょうか? 企業はあなたのエントリーを見て、どういうアクションを起こし...

エントリーをしたら、その中から企業がそれぞれの基準で選んで、会社説明会や選考の案内を出すかも知れませんし、場合によっては何もしない企業もあります。

何もしない企業の場合は、

「選考に進みたければ別途、会社説明会や選考に申し込んでね」

ということです。

その場合は、あなたの方から、さらに会社説明会や選考に申し込むという「行動」を起こす必要があります。

そうしないと、何も進みません。

つまり、

エントリーができたからと言って、実際はまだスタートラインにも立っていない。

ということを十分理解する必要があります。

超有名企業でもエントリーだけは簡単にできます。

くれぐれも、それだけで可能性があるとまでは思わないことです。

有名企業だけ選んでエントリーするという間違いを犯していないか?

エントリーだけならいくらでも、どんな企業にでも簡単にできるものだから、知っている企業名に片っ端からエントリーするということをしていませんか?

エントリーできたら、それでちょっと選考が進んだ気になっていませんか?

上に書いてきたようなことがわかっていないと、そういう勘違いをしてしまいます。

そのような勘違いに気づかずに、有名企業ばかりエントリーし続ければ、冒頭にリンクした記事のように、大量にエントリーして大量に落ちるということになります。

当然のことなのです。

今は売り手市場だと言っても、難関企業は相変わらず難関なのです。

まずはこのツイートを見てください。 ということなんですね。 「売り手市場」だから大手企業に受かりやすい。と思って...

繰り返しますが、エントリーが簡単にできても、それは簡単に入れるということではない。ということ。

十分わかった上で就活に臨んでください。

では、今日はこのへんで!

LINE就活相談

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報などをお送りします。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする