就活の自己分析でもう一つの大切な軸。それは「価値観」

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

昨日に続いて就活の自己分析についてです。

ちなみに昨日の記事はこちら。

就活の自己分析は「うれしかったこと」を書き出せば9割終わり
就活での自己分析のやり方については、ネットを見れば専門の方が書かれている記事が多くありますし、大学でも指導を受けていると思います。 ...

自己分析では「自分の好きなこと」を見つける作業をすることが大事です。そのために、過去を振り返って、自分が夢中でやったことや、うれしかったこと、人から褒められたことなどを書き出してみる。それがとても有効です。

その結果から、「自分はこういうときにうれしいと思うのだ」「自分はこういうことをするのが好きなのだ」ということが見つかってきます。

それは、「好きなこと」を仕事にすることができれば、一番楽しいし、同時に、一番力を発揮できるから、企業にも、ひいては世の中にも貢献できるからです。

そして、自己分析には、もう一つ重要な軸があります。それは、就職するということにおける「価値観」です。

広告
レクタングル(大)広告

価値観とは、「何を大切に思って仕事をするか」

ということです。

あなたが仕事をするので一番大切に思うことは何でしょうか?

・好きなことをして楽しく仕事ができること

・お金がたくさん稼げて豊かな生活ができること

・自分のスキルが向上できて成長できること

・人間関係や環境の良い職場で働けること

・世の中の役に立つこと

・家庭生活や余暇も大切にした生活ができること

・転勤が少なく住みたい場所で住めること

などなど。

これらについても、思いつくだけ書いてみてください。

「過去にうれしかったこと」などと違って、そんなに数多くは出てこないかと思います。

そしてここから先は、「過去にうれしかったこと」の分析のやり方と少し違います。

この「価値観」については、出てきた項目を、あなたが大事だと思う順番に並べてみてください。

一番上に来た項目は、あなたが就職先を選ぶにあたって、絶対に譲ってはいけない項目です

「価値観」は企業を選ぶ時の判断基準になります

「過去にうれしかったこと」は、あなたがやりたい「仕事」を選ぶときの指針となります。

一方、「価値観」は、「企業」を選ぶときの指針となります。

企業は「法人」というように、人と同じようにそれぞれの考え方、価値観に基いて活動をしています。

あなたと同じ価値観の企業に入ることができれば、あなたはきっと伸び伸びと仕事をすることができ、最大限に力を発揮することができるでしょう。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする