内定が取れる人に共通するとても大事なたった一つの資質

そろそろ大学も夏休みという時期ですが、この時期になると内定が取れて就活を終了する人と、まだまだ頑張っている人に別れてきます。

そうした多くの学生さんを見ていて感じることですが、内定が取れる学生さんは一言で言えばこういう人だよなあ。と感じることがあります。

それは、

【広告】
レクタングル(大)広告

自己肯定感がある人

です。

最初のうちは選考で落ちまくるので、「自分はダメだ」と自己否定に走っていた人も、そのうちに選考が進むようになるとだんだん変わってきて、自己肯定感がだんだんと生まれて来る人もいます。

そうすると受かり始めるのです。

「自己肯定感」とは何かというと、「自分はこれでいいんだ」と思えるということです。

では、何故「自分はこれでいいんだ」と思うと受かり始めるのでしょうか?

それは、

面接で受かるのは、自分をさらけ出せる人

だからです。

面接官は常に、「この人はどんな人だろうか?」とその人の本当の姿を見極めようとしています。

自分を偽ったり飾ったりする人は、面接官の目には「偽ったり飾ったりする人」が映るだけです。だから受かりません。

あなたの本当の姿を面接官にわかってもらうためには、あなたをさらけ出す必要があるのです。

でも、自己肯定感が低い人は「自分はダメだ」と思っているのでダメな自分をさらけ出せません。

怖くてできないのです。

だから、小手先のノウハウに頼ろうとします。

すると、ますます受からないという悪循環にはまるのです。

一方、自己肯定感が高い人は「自分はこれでいいんだ」と思っているので自分をさらけ出すことができます。

だから、面接で好感を持たれて受かるのです。

あなたには必ず良いところがある

これは私が保証します。

私が多くの学生を見て感じるのは、「本当にダメな人はいない」ということです。

皆、自分のことを自分でダメだと思っているだけです。

今、内定がもらえず苦しんでいるとしても、それはあなたが自分を出せずにいるからです。

開き直った瞬間に受かる。

ということも実際に起きています。

それは、開き直って自分をさらけ出したからです。

そこまでできないにしても、ほんのちょっと勇気を出して、今までの仮面を取って素の自分を出してみてください。

きっと何かが変わってくるはずです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする